写真にまつわるモノコト-blog  ~写真の道を広げたい~  Today :
<< studio voice【写真特集】   Top↑   センチメンタル(写真146) >>
2006年 06月 09日
ロバートキャパ展を見て。
週末は写真三昧なので、今日二つ目の記事。
神戸大丸のロバート・キャパ展見てきましたので、感想をば。

①後援がオリンパス・イメージングと日本HPだったことが興味深かった。
②企画者がどなたか知らないですが、もう少しクオリティを上げてほしかった。
 (というよりも、やるなら最低限の水準はクリアして欲しい
 サイズがバラバラで、切り取りも荒く、文章訂正しまくりのキャプションは、正直ひどい)
③いわゆるキャパの代表作はモノクロの作品なので、今回は報道写真として見たら
 それほど有意義だったとは思えないのですが、見れて良かったです。
 単純に、やはり切り取りがすごい巧いなぁと思った。

P.S.ある方から教わった言葉があって、それは
「写真展というモノは結局、見に行って良かったと思えるか、行って損したと思うか、その二つだけだよ」
ということです。わざわざ足を運んで、時間を掛けて、時にはお金払って、それで良かったかどうか、
それが鑑賞者の立場なんだ、それを忘れちゃいけない、ということです。

c0005587_231913.jpg

私の個人的な感想は、今回のキャパの写真展は見に行ってよかったです。
[PR]

by photoboze | 2006-06-09 22:42 | [ 写 真 展 ] | Page Top↑


<< studio voice【写真特集】   Top↑   センチメンタル(写真146) >>