写真にまつわるモノコト-blog  ~写真の道を広げたい~  Today :
<< (写真320)   Top↑   HPカバーフォト12月分 (写... >>
2010年 01月 08日
フラットニングの最中に。
昨日バライタを、本日RC(レジンコート)を焼いた。
ただいま、バライタの方をフラットニング中。

さて、RCというのはどういう状況で生まれたかといえば、
一例を書けばたとえば新聞などのメディアの要望。

たとえば、昔のオリンピックではカメラマンが撮ったフィルムを
アシスタントが走っていって、会場の特設現像所に持ち込み、
すぐに現像&プリントし、翌日の新聞に間に合わせようとしてた。

つまり、RCというのはそういう速報性のニーズに応えたモノ。
新聞に使うため、画質といのはそれほど優先事項じゃなかった。

もちろん、いまはRCの便利性はすごいです、
ただし、作品という観点に立ったら、スピードと手軽を優先させては本末転倒。

ということで、アーカイバルの観点からも、きちんと処理をして扱うわけです。
[PR]

by photoboze | 2010-01-08 00:30 | [ I THINK・・・ ] | Page Top↑


<< (写真320)   Top↑   HPカバーフォト12月分 (写... >>