写真にまつわるモノコト-blog  ~写真の道を広げたい~  Today :
<< 【個展まで、あと2日!】本日、...   Top↑   【個展まで、あと4日!】ギャラ... >>
2009年 09月 19日
【個展まで、あと3日!】プリントの黒フチ。
私はさほどコダワリ屋ではないです(周りはそうは思っていないかもしれませんが・・・)。

で、たまーに、写真と直接関係の無いところで賛否両論!?の起きる黒フチ(黒枠)について。

今回の写真展のプリントはその多くに黒フチが付いてるだろうと思います、多分ね。
より正確にいえば、もし黒フチが付いてないものがあったとしたら、
それはトリミングをしたという意味になります。
※これは一ヶ月前に書いた記事で、最終的には全部黒フチ付きで展示予定。

つまり、黒フチというのは、まぁ、いろいろな意味があるのですが、
私の場合、良い悪いの話ではなく、単なる区別であって、トリミングしてるか、してないかを意味しています。
付いてたらノートリ、付いてなかったらトリミングした、ということ。とてもシンプル。
(そういう意味で、展示作品すべてに黒フチをつけなきゃ!というような変なコダワリはないです)

「ノートリミングであること=撮影時にカンペキな構図がとれている」という図式もありえなくはないでしょうが、
厳密に言えば、それはファインダー視野率がほぼ100%であって、しかもしっかりと見据える撮影をしてこそいえる話で、
私のライカMやGRやCLEなんぞは見えない部分もばっちり写ります。
まして、キャンディッド・フォトですし、スナップ撮影なんで、瞬間×出会い×反応のコラボレーションみたいなものですし。
(もちろん、極力構図をとっていますし、フレームアウトも意識していますが・・・)。

ノートリミングのための黒フチというのは、歴史を紐解くと極めて政治的なものなんですよね。

で、黒フチというのは、確かに見る人の印象にも影響を与えます。
簡単にいえば、画面が締まって見える。それはプリントの枠に最大濃度黒ができるために、
どこからどこまでがイメージ(画)であるのかという明確なラインが引けることができ目線が流れない、
また柔らかなプリントでもエッジにコントラストが立つので見た目が甘くなり過ぎずない。

これは特にトビ気味のハイライトをもつ絵には絶大な効果がある。
言い換えると、フチをつけると、ハイライトの焼きこみをさほどやらなくてもよくなる。
では、そうした効果を狙ってトリミングをした写真にも黒枠ライクなモノを付けても良いのか、
デジタルでもソックリさんをつけて良いのか、となると難しいところ。個人的意見としては、NOです。

黒フチはあくまでなりゆきであって、前提として(結果、結論として)フィルムをノートリミングで焼いた時に出来るもの、
"副次的"に見え方にも影響をあたえるものだと思っています。
なので、前提を無視してはいけないし、副次的なものが一番にきてもいけない。
そして、なりゆきであるために、目的になってはいけない、そう思っています。

P.S.黒フチとは関係なく、トリミングの話もいろいろと議論となりますが、私は積極的にはトリミングしません。
ファインダーをのぞき(覗かなくとも)、意図してシャッターを切ったものを超えるようなトリミングはしない、
これだけは大事にしています。だって「撮る=意図」なんだもん!
そのため、私自身はやりませんが、シャッターを切る時にトリミングを前提としてフレーミングをして撮った場合は、
そのとおりにトリミングしていいのでしょう。それも写真術のひとつだと思いますし。
(まぁ、「スナップでトリミングを前提として撮る」なんてピンとこないけど・・・)
ただ、それは相手には証明できない。甘えたければ、甘えることもできる。
つまるところ、良くも悪くも黒フチにはビジブルな"ライン"があるから、説得力があるのだろうと思います。
------------------------------------------
展示会名:「 Distance 」
作家名:福永 洋介(Fukunaga Yosuke)
会 期:2009年9月22日(火)~27日(日)
時 間:11:00~19:00
ギャラリー:NADAR / OSAKA(ナダール 大阪)
所在地:大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館B1
連絡先:TEL:06-6251-8108

作品形態:モノクローム ゼラチンシルバープリント バライタ大四切(11×14インチ) 額装20点
------------------------------------------
[PR]

by photoboze | 2009-09-19 22:56 | [ 写 真 展 ] | Page Top↑


<< 【個展まで、あと2日!】本日、...   Top↑   【個展まで、あと4日!】ギャラ... >>