人気ブログランキング |
写真にまつわるモノコト-blog  ~写真の道を広げたい~  Today :
<< 2日連続人に会う。   Top↑   (写真297) >>
2009年 04月 22日
ホンモノに聞け!
もう10年近く使ってる腕時計のG-shock AW-570(通称:マッドマン)の遊環(ユウカン)が切れました。
(正確には4~5年前に紛失して再度同じモノを買ったのかな)
ちなみに、遊環ってのは、バンドを締めた時、余った部分を通す"輪っか"です。

で、そのままは、袖口に掛かったりして不便なので、先日ヨドバシに修理に出しに行った。
時計修理コーナーの方へどうぞ!とのことなので、そちらに行ったのですが、
「劣化して破損の可能性もあるので、遊環だけの取り付けはできない、ベルトごと交換です」
「AW-570はもう廃盤でパーツがないので黒色になる(私のはダークグレイ)」
値段を調べてもらうと「ベルト交換で3500円です」とのこと。

3500円は高いなぁということで、その場では修理に出さずに帰った。

で、それから2~3週間使っていたのですが、やはり不便だったので、
修理に出そうと再度修理コーナーへ。
そうすると、今度は「取り付け技術料がプラス3000円します」とのこと。
つまり、なんと6500円(ホントか!?)。
それなら新しいモノを買ったが良いだろうと再度あきらめて帰った。

で、新しいモデルをいろいろと調べ事して、先日G-shockのお店に行きました。
そこのCASIOの店員さんがしっかりと的確なアドバイスをしてくれて、一番スタンダードなGW-M5600を購入。
そのついでに、AW-570について、ヨドバシでこう言われたと相談してみたら、
「いや、そんなことはないです。色は黒になりますが、遊環だけでも売ってますし、
本町のサービスセンタに行けば、取り付けもその場で無料でしてもらえるはず」とのこと。c0005587_2015183.jpgc0005587_2014165.jpg
c0005587_19545248.jpg
そして、本日昼休みに自転車で本町のカシオテクノに行って参りました。
で、結論は、事情を説明して3分後には遊環を付けてくれた、料金はたった210円。


3500円が6500円に、そして結果210円になった。
ヨドバシ時計修理コーナーに何度も行ったのは、なんだったんだろうか?
6500円もするからと、新しい時計を買ったのに・・・
(GW-M5600は買って良かったと満足していますが)

写真に直接には係わらない話ですが、よくある話ですよね。
何事もホンモノに聞け、悪意があろうがなかろうが、中途半端な人の話を信じるな!です。

by photoboze | 2009-04-22 20:25 | [ Life size ] | Page Top↑


<< 2日連続人に会う。   Top↑   (写真297) >>