「ほっ」と。キャンペーン
写真にまつわるモノコト-blog  ~写真の道を広げたい~  Today :
  Top↑  
<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

| Page Top↑
2014年 03月 31日
Fujifilm X100S Review 22 X100Sの"使いこなし"について
【 富士フイルム X100S レビュー22 X100Sの"使いこなし"について 】

「使いこなし」というコトバは非常に大げさな響きにも聞こえますが、
X100Sは最近のカメラにしては本当にめずらしく"使いこなせる"カメラです。

ただ、"使いこなせる"というと、「カメラの機能をすべて理解し状況に合わせてそれを素早く的確に設定すること」と
思われがちですが、もちろんそういう意味ではありません。


たとえば、フィルム時代にある意味最強だなと思っていたのは、「写ルンです」です。
電源なんて無くいつでもシャッターが切れる、ピントも固定、露出も固定、押した瞬間に間違いなく切れる。
そして、必要な時はストロボも焚ける。もう撮るときにシャッターボタンを押す以外にやることがない。
でも、写ルンです、というか、撮れルンんです。
つまり、写真を撮る上で一番大事な「被写体を見詰めること」に最大限集中できるカメラなんですね。
これこそ最強に(誰でも)"使いこなせる"カメラなんじゃないかなと思います。

ただ、まぁ、それだけじゃ幅も狭いから、たまにはボカしたい、シャッター速度(以下SS)による表現もしてみたい。
そうなるとピント合わせをし、絞りとSSとISOの三角関係も理解しコントロールしなくちゃいけなくなる。
レンズ表現の幅を広げたくなると、それぞれの画角の個性と絞りとSSの関係にも気を配る必要が出てくる。
さらに露出による表現をしたい、そうしたら、露出に対する理解と露出補正という動作も必要になってくる。

まぁ、つまり、やれることを増やすということは、やるべきこと・理解すべきことが増えるということなので。
それで、なんでもかんでもやれることを増やすと、先ほど述べた「被写体を見詰めること」がどんどん疎かになる。
もちろん、それらをある程度まで自動化することは可能ですが、
そうなると"使いこなす"ではなくむしろ"使われる"ことになりやすい。つまり、幅を広げるはずが制限されてしまう。

そんな難しいバランスの中で、X100Sは非常に良くできたカメラなんですね。
「それって、どこ?」と聞かれるかもしれませんが、答えは簡単で電源を入れる前にあります。

最近はカメラを評価するときに電源を入れた後の話が多いですが、
むしろ電源を入れる前の話の方が、ずっとカメラを評価するに値すると思っています。
というのも、電源を入れてできることは確かに便利なものが多いですが、その分面倒なことも多い。
面倒が増えるなら便利なんか要らない、それこそが使いこなしの基本だと思っています。
  
[PR]

by photoboze | 2014-03-31 00:47 | [ camera ] | Comments(2) | Page Top↑
2014年 03月 30日
2014.03.29 桜咲く。
c0005587_21292835.jpg

[PR]

by photoboze | 2014-03-30 21:29 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2014年 03月 22日
2014.3.22
c0005587_19171876.jpg

[PR]

by photoboze | 2014-03-22 19:17 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2014年 03月 21日
2014.3.21
c0005587_232217100.jpg

[PR]

by photoboze | 2014-03-21 23:22 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2014年 03月 10日
とりとめもなく よしなしごとを
c0005587_23353080.jpg


今日の休み 何をしようか 特にしたいこともない 別にやらないといけないこともない
いまの仕事はなかなかにヘビーで そのための準備にあてたい気持ちもあるけれど
ここで仕事をしてしまうと メリハリがなくなるなと むしろ消えそうな写真への気持ちを
わすれないためにも 撮りにいこう

何を撮ろう 特にないな 今なにが見頃だろう いまなら梅かな
たしかハルが2歳のときに 大阪城公園の梅林をみたな 久しぶりにそこにいこう

カメラはX100S ただ梅を撮るなんてつまらない たぶんたくさんの写真愛好家が
カメラに三脚に 梅をとってるんだろうな 四季を追ってたらいいニッポンは勤勉な日本人にちょうどいい

天気も良く 春を感じる温度 たくさんの人が梅林にいる ちょっとした幸せがここにある
カップルや家族の笑顔 写真愛好家のみなさんも難しい顔せずにもう一度初心に戻ればいいのに
そんな難しい顔して撮れる写真なんて たいしたことないよ

ほら、あそこの人は柵の中に三脚突っ込んでる 立ち入ってる人もいるぞ
バカみたいにマクロで突っ込むから 花が落ちてるじゃないか ばかやろう

梅って枝ぶりだよな だから背景に気をつけないといけないよ 桜とちがうんだから
光を見よう いまどこに太陽があって 花びらはどこが透けてる? 何がいま一番輝いてる? 実は梅じゃなかったりして

つぼみとの対比も必要でしょ そこに生きてる意味があるんだから 少し枯れてる花も悪くない
枝は黒くて ボケてもあまりキレイじゃないから気をつけて 
でも、梅なんてそんなにたくさん撮ってどうするの?なんてツマ殿のセリフに苦笑い そのとおり

それにしても、いい季節だな 日向は暖かく 日陰に入ると少し肌寒い 太陽の温度を感じる
ハルは梅よりもクローバーに夢中 ちょっと変わったタンポポをみつけた 花びらが白い その色合い きれいだな

手の平の上で一枚写真を 全部持って帰れないから写真をとって帰ろうね
なんだろう こんな教育っていいのかな 思い出ってなんだ

見て 触れて 香りや風を感じて でもひらひらと消えていく記憶を 少しだけ残せたと思う 

 
[PR]

by photoboze | 2014-03-10 00:00 | [ I THINK・・・ ] | Comments(0) | Page Top↑
2014年 03月 09日
2014.3.9
c0005587_19573259.jpg

[PR]

by photoboze | 2014-03-09 19:58 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑


  Top↑