「ほっ」と。キャンペーン
写真にまつわるモノコト-blog  ~写真の道を広げたい~  Today :
  Top↑  
<   2014年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

| Page Top↑
2014年 01月 31日
2014.1.31
c0005587_22142990.jpg

[PR]

by photoboze | 2014-01-31 22:14 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2014年 01月 29日
2014.01.29
c0005587_2035410.jpg

[PR]

by photoboze | 2014-01-29 20:04 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2014年 01月 26日
2014.1.26
c0005587_10393134.jpg

[PR]

by photoboze | 2014-01-26 10:41 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2014年 01月 23日
デジタル写真の落ち着くべきカタチ
c0005587_2071086.jpg
c0005587_1453354.jpg

よく利用しているフォトバックの製本サービスですが、今回A4サイズ中綴じの大型のものを試しに作ってみました。
12ページで千円を切る価格というのはなかなかリーズナブルだと思います(もちろん、いろいろと不満点もあります)。

デジタルの写真というのはプリントしなくてもモニターで大きく鑑賞できる上に、ネットワークに上げておけばいつでもどこでも見れるので、
家族写真でもなければ、なかなかプリントする機会を見つけ辛いですよね。

私としても銀塩の"写真"とはプリントのことだと思いますが、デジタルの"写真"も果たしてプリントなのか、
つまりペーパーこそがデジタル写真の落ち着くべきカタチなのかはまだ答えが出せずにいます。
(もちろん、私自身とても紙という素材(媒体)が好きですし、手に触れられるからこそ愛着もわくと思ってます)

ネット上に公開することで世界中の人に写真を見せることができる、またデータのままいくらでもタダで人に配ることができる、
これは、デジタルデータがカタチを持たないからこそ出来る芸当で、
しかも、必要であればプリントはもちろん製本やデジタル出版という姿で誰でも写真集のようなものを作ることができる、
これが、まさに「this is digital photography ! 」なのかもしれません。

答えがどうであれ、こんな現在は写真を取り巻くありようもこれまでとは随分と違うものになるのは当然の事だと思っています。
[PR]

by photoboze | 2014-01-23 20:15 | [ I THINK・・・ ] | Comments(0) | Page Top↑
2014年 01月 23日
望む
c0005587_985941.jpg

[PR]

by photoboze | 2014-01-23 09:09 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2014年 01月 20日
fujifilm X-T1
c0005587_120114.jpg

月末に発表予定と噂されていた新Xシリーズのカメラの画像がでてきました(ロゴは消されてますね)。
事前にかなりいろいろな情報が出ていたので驚きは少ないですが、背面をはやく見てみたいところ。

まず、シャッターダイヤル、露出補正ダイヤル(±3.0)、ISO感度ダイヤルの3ダイヤルが見えます。
(読めないけど、数から言えば最速シャッターは1/4000かな?ISOは常用6400!?)
勝手な想像では、ISOダイヤルの下のレバーはDrive/BKT他モード設定、SSダイヤルの下のレバーは測光モードかな?

あと、一眼レフライクなペンタ部から内蔵EVFだということ、外部ストロボ用のシンクロターミナル、
ペンタ部むかって右は視度調整ダイヤル、左はview-modeボタンですね。
あと、シャッターボタンはレリーズ穴なし(つまり防塵防滴)で、手前にコマンドダイヤルも見えます。

あと、あまり興味のあるところではありませんが、赤ポチもあるのでシャッターボタン横は動画ボタンでしょう。
このボタンが多機能(fn)を割り振れたらサイコーですね。
あと見える範囲でいえば、シャッター奥にfnボタン(読めないけどwi-fi?)も一つみえますね。

また、オンマウスでみるより詳細なディテールとしては、それほど背が高くない、グリップは結構しっかりある、
あと、補助光ランプ下のボタンはなんだろう?いわゆるプレビューの位置だけど、期待してしまいますね。

あと、サブコマンドダイヤル、ダブルスロット、AELとAFLは独立、チルト式の背面液晶、縦位置バッテリーグリップ有とのことです。
最近の富士フィルムは、過去のカメラメーカーのエッセンスを上手に解釈してデザイン・パッケージ化していますね。

何はともあれ、28日の発表が楽しみですね。良いカメラを作って、良い写真文化を啓蒙していただれば!
c0005587_11553448.jpg
富士フイルム公式サイト:http://fujifilm-x.com/information/ja/article_0001.html
※上の画像は、ツマ殿の祖父の形見のカメラ、FUJICA ST901
[PR]

by photoboze | 2014-01-20 21:55 | [ camera ] | Comments(0) | Page Top↑
2014年 01月 20日
雪を見に。2
c0005587_9143891.jpg
X100S+PE-20S
[PR]

by photoboze | 2014-01-20 09:15 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2014年 01月 16日
through the lens.
c0005587_840831.jpg

[PR]

by photoboze | 2014-01-16 08:40 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2014年 01月 13日
雪を見に。
c0005587_21401533.jpg

[PR]

by photoboze | 2014-01-13 21:40 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2014年 01月 12日
光2
c0005587_2214283.jpg

[PR]

by photoboze | 2014-01-12 22:14 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑


  Top↑