「ほっ」と。キャンペーン
写真にまつわるモノコト-blog  ~写真の道を広げたい~  Today :
  Top↑  
<   2013年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

| Page Top↑
2013年 05月 26日
人物写真。
c0005587_22422925.jpg
c0005587_22424338.jpg

[PR]

by photoboze | 2013-05-26 22:44 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2013年 05月 19日
these days..
c0005587_1559867.jpg
c0005587_15591897.jpg

[PR]

by photoboze | 2013-05-19 16:02 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2013年 05月 16日
rock beach.
c0005587_22545143.jpg

[PR]

by photoboze | 2013-05-16 22:56 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2013年 05月 14日
krakira.
c0005587_21322064.jpg

[PR]

by photoboze | 2013-05-14 21:32 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2013年 05月 12日
answer.
c0005587_0463884.jpg
c0005587_0465017.jpg

[PR]

by photoboze | 2013-05-12 10:44 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2013年 05月 10日
wink.
c0005587_23404137.jpg

[PR]

by photoboze | 2013-05-10 22:11 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2013年 05月 07日
grass.
c0005587_2251785.jpg

モノクロームの目線は、つまるところ濃淡(光と影、そしてその成り行き)と質感に行き着くと思ってる。
色を失うと、色に隠れていたモノがじわじわと存在感を増していき、イメージがリアルを飛び越えていく。

その飛び越えていく様に、モノクロームの魅力があるのだと思う。
なので、それのない単なる白と黒の写真は、色のある世界に敵わない。

もちろん、現実を誇張したカラーにも、現実を変色させたカラーにも魅力はあるけれど、
カラーはどこまでいってもリアルの延長であって、モノクロームが見せる跳躍とは少し違う。

白黒テレビからカラーテレビ、静止画から動画、そういう縦の関係とは全然無関係の
モノクローム写真の"意味"が「なんか良い!」を超えて伝われば良いなと思う。
[PR]

by photoboze | 2013-05-07 22:37 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2013年 05月 06日
GW Last Day
c0005587_1771497.jpg
c0005587_1773055.jpg

haru殿ももうすぐ5歳ということで、ボーリングに連れて行った。
まだ少し早いけど、もう十分に楽しみ方は理解していた。

午後からは、潮干狩りならぬ、淀川シジミ捕り。
淀川は自然の宝庫で、田舎育ちの私には幸せの場所ですね。

ただし、4月の検査で貝毒の規制値を超えたということで、残念ながら食べることは控えますが、
haru殿に自然ってのを体験させることができたのでOKでしょう。
[PR]

by photoboze | 2013-05-06 20:05 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2013年 05月 05日
5/5
c0005587_22163438.jpg

[PR]

by photoboze | 2013-05-05 22:41 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2013年 05月 04日
TJS.
c0005587_22123445.jpg
c0005587_22125534.jpg

[PR]

by photoboze | 2013-05-04 22:14 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑


  Top↑