「ほっ」と。キャンペーン
写真にまつわるモノコト-blog  ~写真の道を広げたい~  Today :
  Top↑  
<   2013年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

| Page Top↑
2013年 04月 30日
shadow.
c0005587_224412100.jpg
c0005587_22442246.jpg

写真というのは、影、いいかえれば痕跡を撮るみたいなところがある。

一枚目を撮ったときリー・フリードランダーのニューヨークの写真を思い出した。

写真をやっている身としては、傍観者というスタンスはあまり好きじゃなくて、
だからいわゆる日本でいうところ"風景"にはさほど興味がないし、
むしろライアンズの唱えた"社会的風景"が示す「関係性」と「スナップ」に共感を覚える。
[PR]

by photoboze | 2013-04-30 21:34 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2013年 04月 29日
ちょうど、それは昔付き合っていた彼女のような
c0005587_1046119.jpg

「そう、ちょうど昔付き合っていた彼女みたいなカンジかな」
そんなセリフが違和感なくはまる感覚だった。

君のそんなことろが好きだったんだとか、こういうものがとても似合ってたよねとか
でも、それはもう過去形で、私たちにとって明るい未来のある感情ではなかった。

※ACRUさんでみた銀塩モノクロームの作品を眺めての感想です。
[PR]

by photoboze | 2013-04-29 22:39 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2013年 04月 29日
lights.
c0005587_075169.jpg
c0005587_08179.jpg

[PR]

by photoboze | 2013-04-29 00:33 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2013年 04月 28日
自家焙煎コーヒー屋くまきちさん2
c0005587_033799.jpg
c0005587_0331710.jpg
c0005587_0332850.jpg

私は真夏でもホットコーヒーを好んで飲むのですが、本日いただいたアイスコーヒーがとってもおいしくてちょっと驚いた。

閉店までの一時間ほどの間に、焙煎したコーヒー豆を買いにこられるお客さんが何人もいて、
コーヒーって素敵だなと実感。

閉店後、一緒に食事にいき珈琲&写真談義。楽しかったです。

※下2枚は焙煎後のハンドピッキング(手作業で不良豆をひとつひとつはじき出していく作業)の様子。

自家焙煎コーヒー屋さん くまきち https://www.facebook.com/Kumakichicoffee
[PR]

by photoboze | 2013-04-28 00:52 | [ PHOTO ] | Comments(11) | Page Top↑
2013年 04月 25日
mirror.
c0005587_215918.jpg
c0005587_21591583.jpg

[PR]

by photoboze | 2013-04-25 21:25 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2013年 04月 23日
lake side.
c0005587_20342377.jpg

[PR]

by photoboze | 2013-04-23 20:54 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2013年 04月 22日
kyoto3.
c0005587_8321410.jpg
c0005587_22561244.jpg

[PR]

by photoboze | 2013-04-22 19:50 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2013年 04月 22日
変化を拒ばないこと、新しいものを否定しないこと。
c0005587_17756.jpg

[PR]

by photoboze | 2013-04-22 01:07 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2013年 04月 21日
kyoto2.
c0005587_854223.jpg

[PR]

by photoboze | 2013-04-21 22:53 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2013年 04月 20日
kyoto.
c0005587_21495223.jpg

[PR]

by photoboze | 2013-04-20 21:50 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑


  Top↑