「ほっ」と。キャンペーン
写真にまつわるモノコト-blog  ~写真の道を広げたい~  Today :
  Top↑  
<   2008年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

| Page Top↑
2008年 12月 30日
名もなき写真(image029)
c0005587_0541972.jpg
[ キューピーマヨネーズ、クマの雅治、contax T3、結婚指輪 ]


撮ったままだと気に入らなくて、ガシャガシャとコントラスト・カラーバランスをいじってみて、
ようやく少し落ち着く、遊びですね。
[PR]

by photoboze | 2008-12-30 00:56 | [ DIGITAL ] | Comments(0) | Page Top↑
2008年 12月 27日
【アーカイバル】本日の日経新聞に。
c0005587_15205668.jpg
今朝、出勤の電車で向かいの方が読んでた新聞の裏面を見て、
キオスクで買ってきた。

○デジタルの長期保存は、フィルムの11倍のコストが掛かる。
○コストだけでなく、保存自体もリスクが高く死蔵する可能性が高い
○いまだ解決策が見つからない

まぁ、こんな内容です。
以前、紹介したPDF資料とほぼ内容が同じですが、ご紹介を。

P.S.20年前にはとっくにわかっていたはずなのに、いまさらと思いますが・・・。
[PR]

by photoboze | 2008-12-27 15:29 | [ Life size ] | Comments(2) | Page Top↑
2008年 12月 27日
(写真278)
c0005587_0555775.jpg

[PR]

by photoboze | 2008-12-27 01:02 | [ PHOTO ] | Comments(2) | Page Top↑
2008年 12月 24日
【京都】ロベール・ドアノー京都展。
いただきました、ドアノー大回顧展のチケット(^_^)y。
2006年にパリで行われた作品展が日本にも回ってきましたね。
3年半ほど前に、京都の何必館で見てから久しぶりですね(^_^)。
c0005587_1391996.jpg
京都展
会場 :京都伊勢丹美術館「えき」KYOTO(京都駅ビル内ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)
会期 :2009年1月31日(土)~2月22日(日) *会期中無休
開館時間 :10:00~20:00 *最終日は17:00閉場
入場料 :一般 800円/高・大学生 600円/小・中学生 400円

(以下、引用)
ロベール・ドアノー写真展『パリ・ドアノー~Paris en liberte』は、写真家ドアノーを生み出した街パリに徹底的に焦点を当て、
厳選されたモノクロ作品約200点を一堂に展示、その業績を紹介する日本で初の大回顧展となる。
パリの恋人たち、子供たち、犬たち、芸術家、女優をはじめとするセレブリティたち…
ドアノーが縦横無尽にとらえた多彩なパリの雰囲気を可能な限り創出するため、
額装作品による展示に加え、生前のドアノー自身が実験的に制作したモンタージュ作品や、
写真によるインスタレーション作品を組み合わせた躍動感あふれる構成展示でその魅力を探る。
[PR]

by photoboze | 2008-12-24 01:42 | [ 写 真 展 ] | Comments(2) | Page Top↑
2008年 12月 19日
ながめるもの。
c0005587_291874.jpg


リビングの壁のど真ん中に写真が飾ってある。
当然、毎日目に入るのですが、実は週に一度くらい、しげしげと眺める。

最近、HARUKAもぼーと眺めてた(それは、妄想か?!)

自分の作品の中でも、好きな写真だ。
いつかきちんとプリントしてアクリルフィットにでもしたいなぁと思う。
[PR]

by photoboze | 2008-12-19 02:09 | [ Life size ] | Comments(6) | Page Top↑
2008年 12月 17日
写真、それは
いろんなこと、たとえば、

フィルムとデジタル、カラーとモノクロ、暗室のこと、プリントのこと、写真を展示すること、作品の話、etc

日々、いろんなことを考えて、非公開の状態で記事を書くのですが、
その大半は非公開のままになっている。

最近も4~5個書いて、表に出てない。

いろいろ考えるし、調べて文章にまとめてるのだけれど、その多くは今は出さなくていいかなぁと思いとどまる。

写真にはとても多くの周辺の出来事があるだけど、HPにも書いてる言葉、

「写真、それはシャッターを切らなければ始まらない」
これが"始まりであり終わりの言葉"なのだと思います


やはり、そう思うから、いまは少しでも沢山の写真を撮ろうと思う。


P.S.
「ラルティーグは自分の生活だけを撮っていた。
始めから本能的に、真理はごく小さなところにあるということを知っていたようだ。
それは一種の叡智と呼ぶべきもので、訓練によって得られる物よりもずっと深く、
しばしば訓練で失われてしまうものだ。」(リチャード・アベドン談)
[PR]

by photoboze | 2008-12-17 20:56 | [ I THINK・・・ ] | Comments(2) | Page Top↑
2008年 12月 17日
拝啓、ご家族・親戚殿
c0005587_22324143.jpg昨日、無事6ヶ月を迎えました。

離乳食がっつきます、3~4口ですが。

おもちゃを3つ購入、よろこんどります。

嬉しさも、悲しさも、嫌がりも、

随分と激しく表現するようになりました。

この六ヶ月、まったく病気も怪我もせず、

なんとも手の掛からない子ですが、

これからどうなるかちょっと不安も感じています。

さて、プライベートな記事が続きすぎたので、ぼちぼちバシバシいきましょか!
[PR]

by photoboze | 2008-12-17 01:09 | [ Life size ] | Comments(0) | Page Top↑
2008年 12月 15日
早くも、大阪写真月間2009
c0005587_10451854.jpg

早くも大阪写真月間2009の募集案内が届きました。
例年通り写真の日をまたぐ5月28日~6月6日の期間のようです。
(今回はかなり各ギャラリーの歩調が揃ってるかな?!)
[PR]

by photoboze | 2008-12-15 20:57 | [ 写 真 展 ] | Comments(2) | Page Top↑
2008年 12月 14日
京都へ。
c0005587_2314383.jpg

HOWを見に、京都へ。
HARUKA様のお昼寝が長引き遅くに出発、HARUKA様のお食事の場所を求め、
そうそうにギャラリーを退出、写真を眺める時間は短かかった(ToT)。

タクシーで京都駅に行き、JRでスパッと帰る。
写真は、京都駅ビルのツリー前で、記念写真です、ハイ。
[PR]

by photoboze | 2008-12-14 23:16 | [ Life size ] | Comments(0) | Page Top↑
2008年 12月 14日
とうとう。
c0005587_0235124.jpg

本日31歳になりました。

31歳を記念して?!来年夏の終わりには個展も決定!

よい一年にしたいですね。

[PR]

by photoboze | 2008-12-14 00:25 | [ Life size ] | Comments(6) | Page Top↑


  Top↑