写真にまつわるモノコト-blog  ~写真の道を広げたい~  Today :
  Top↑  
<   2008年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

| Page Top↑
2008年 06月 30日
(写真257)
c0005587_11514140.jpg
photo by take1mg

近々!?本焼きもいただけるとのこと。
こうしたツーショットは意外と少ないので、嬉しいですね。
しかも、銀塩モノクロなので、残せる。

[PR]

by photoboze | 2008-06-30 11:52 | [ PHOTO ] | Page Top↑
2008年 06月 30日
(写真256)
c0005587_0432140.jpg

この写真は、そんなに気に入ってないです。

その、理由はさておき。
カメラはGR1s。フィルムはTRI-Xで、ノーファインダー撮り。
GR1sにはストラップをつけてない。
その理由は、ストラップ(ショートのね)は手首に通してないとレンズの前に出てきて
写りこむことがあるため。
(ロングストラップは肩や首に掛けると瞬時に撮れる範囲が狭くなるから、
スナップ広角コンパクトには向かないと思ってる)
そのために、腕に通す手間が掛かるし、それなら付けないに越したことはないと。

この時は鞄に入れていて、陸橋を歩く際に持っておこうと、鞄から出していた矢先の瞬間。
ノーファインダーを選んだというよりは、覗く暇は無かった。
目の前の人を交わすためにも、手を右にズラしながらシャッターを切った。

ただし、少しだけ遅かった。もちろん、気付いてからシャッターを切るまでに時間が掛かったのと、
もう一つはGR1sは当然AFカメラなのですが、そのためにどうしてもタイムラグが生じる。

それはもう、本当に僅かな時間なのですが、押した瞬間からAFがあってそれからシャッターが切れる、
このAFが合って切れるときと、生理的に切りたい時のズレはとても長く感じる。

手にすんなり収まるサイズで、
[PR]

by photoboze | 2008-06-30 00:43 | [ PHOTO ] | Page Top↑
2008年 06月 29日
三週間ほど、前の話。
私はカメラ屋というのがケッコウ苦手で、
滅多にいかないのですが、ちょっと前にいくつかのカメラ屋さんを回っていました。

その中で言われた一言。

「ウチのお客さんのほとんどは、買っても写真を撮らないですから・・・」

「はぁ・・・(o_o;)」

以上。

P.S.写真においてもデジタルが流行る理由は、意外とそんなところにあるのかもしれないですね。
[PR]

by photoboze | 2008-06-29 23:26 | [ Life size ] | Page Top↑
2008年 06月 27日
(写真255)
c0005587_20403728.jpg
[ F100かFM3A AF 50mm F1.4 PRESTO400 ]


これは数ヶ月前に50/1.4のレンズを買った時に最初に撮ったモノ。
F100かFM3Aかどちらに付けたか忘れてしまったけど、
開放にして瞳にピントを合わせてシャッターを切った。

今回ベタを眺めていて、六切りに焼いてみると、その浅さに改めてビックリ。
鼻は当然ボケボケ、目尻も合ってない。

つまり、ピントが合ってるのは、前後合わせて1cmほど。
よく、紙のように薄いピントという表現があるけれど、本当にそんなカンジ。
[PR]

by photoboze | 2008-06-27 14:36 | [ PHOTO ] | Page Top↑
2008年 06月 26日
とあるフランス人。
本日短い時間でしたが写真をしているフランスの方とお会いして写真を見せて貰いました。

写真はモノクロームのフランスでのスナップ写真。
そのあと5カ国ほど回って現在は大阪、そしてこのあと東京に行くとのこと。

森山大道さんが好きらしく、コントラストの高い粒状感のあるプリント。

カメラは何かと聞くと、見せてくれてMINOXの35GTでした。
↓こんなヤツです。c0005587_1949272.jpg
しかも結構使い込んでいて、巻き上げレバー側の外装は割れてギアがむき出しでした。

「これでも、まだきちんと撮れるから」と。
「いろいろな国を回ってきたけど、その間に撮った60本ほどはまだ現像出来てないんだ」と。

なんか、オレも頑張らなくちゃ!と強く思いましたね。
[PR]

by photoboze | 2008-06-26 19:26 | [ I THINK・・・ ] | Page Top↑
2008年 06月 24日
ひさびさプリント。
仕事終わりに2時間だけ暗室に入った。

プライベートでのプリント作業は、MOZZが終わって初めてかな。
ベタから気になるカットをテストでRC六切りで数枚焼いてみた。


やはり、写真というのは、水と光を使うものなのだなぁと再確認。

そして、六つ切りくらいで焼くと、レンズの違いも出てくるなぁと。

で、今回はその話題。

それにしても、「○○ってレンズはいいレンズですか?」と質問受けることが結構ある。
基本的に、自分が使ったことがないレンズについては、答えないようにしてますが・・・。

で、多くの場合は「写りがいいかどうか」が聞きたいようなのですが、
正直どう答えようか悩みます。

たしかに、キレイだなとか、ビシッとしてるなとか、柔らかいな、とかあったりします。
HEXARのレンズとか、contax G用28/45とか、GR(コンパクトの方ね)やらT3やら(他にもありますが・・・)。
どれも描写の違いがありつつも、いい写りするなと実感できたものもあります。

でも、当たり前ですが、だからといっていい写真が撮れる訳ではないんですよね。

むしろ、操作性というか、例えば、絞りのクリック感やステップ、ピントリングの重さや回転角、
使うカメラとのバランス(重量とカタチ両方の、ね)、各指標の見易さとか、
そういったものの方がずっと大事だと思います。
[PR]

by photoboze | 2008-06-24 01:52 | [ 暗室ワーク ] | Page Top↑
2008年 06月 24日
HPカバーフォト5月分(写真254)
c0005587_0565726.jpg

大変おそくなりましたが、ようやく6月のカバーフォト載せたので、5月分をこちらにのせますね。
[PR]

by photoboze | 2008-06-24 01:00 | [ WORKS ] | Page Top↑
2008年 06月 22日
【アートコラム】写真のカリスマたちが切りとった、人、街、時代
OCNアートのアートコラムに、
アラーキー(荒木経惟)さん、ダイドー(森山大道)さん、エイコウ(細江英公)さんの記事がありますので、
(細江さんの記事は6/26~予定)ご興味ある方はどうぞ。

真新しい内容はないですが・・・
URL:http://artgene.blog.ocn.ne.jp/plus/
[PR]

by photoboze | 2008-06-22 21:02 | [ 写真本・雑誌 ] | Page Top↑
2008年 06月 21日
for my parents(image025)
あなたの孫は現在こんな感じです。
c0005587_16542820.jpg
[ 2008/6/21 生後7日目 ]

[PR]

by photoboze | 2008-06-21 16:54 | [ DIGITAL ] | Page Top↑
2008年 06月 18日
貯まったフィルムの現像。
さて、長らくプライベートの暗室作業が出来てなかったので、
沢山のフィルムが未現像のままでした。

全部は無理ですが、とりあえず、やれるだけ。

たまに、現像完了時に紫色が残るという声を聞きますが、
それはピンクステインこと、ハレーション防止剤が残っている証拠。

で私は以下のように水洗時にQWを使っているのでキレイに抜けます。
でも、どうしても抜けにくい時(水温が低いなど)がありますが、
そういう場合は置水でもよいので、15分ほど、さらに水に浸けておきます。
そうすると、キレイに抜けますよ。お試しアレ!

もちろん、非硬膜の定着液を使えば、水洗はもっとラクになりますが・・・
c0005587_17125941.jpg

==================135現像データ=======================
FUJI NEOPAN PRESTO400 135 11本 LPL4リールタンク3本
水現像:60秒
現像液:SPD1:1 約24度 5分00秒(1分攪拌、50秒+10秒攪拌)
停止:酢酸1.5% 60秒(連続攪拌)
定着液:富士フィックススーパーL 約22度 8分(1分攪拌、50秒+10秒攪拌)
水洗い:流水約20分(5分流水、QW5分、流水10分)
水切り剤:ドライウェル、60秒
【結果】よいよい。
==================================================
[PR]

by photoboze | 2008-06-18 22:18 | [ 暗室ワーク ] | Page Top↑


  Top↑