写真にまつわるモノコト-blog  ~写真の道を広げたい~  Today :
  Top↑  
<   2007年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

| Page Top↑
2007年 10月 31日
monochro oyazies with friends 撮影会。
c0005587_017461.jpg

久々にプライベートな撮影、ヒジョーに楽しかったです。

ドライブしました、撮り合いっこしました、野うさぎに出会いました、
トンボの羽音にびびりました、笑いの絶えない時間でした。

また行きましょうね!!

さて、7本の現像&プリントが楽しみだ!また見せますね~(^_^)y

P.S.画像は、野うさぎ君。追い詰めてごめんなさい。
[PR]

by photoboze | 2007-10-31 00:26 | [ Life size ] | Page Top↑
2007年 10月 28日
結婚式撮影編。
いや~、結婚式の撮影(友達として)は大変でした。

まず、とにかく招待客でありながら、どこまで撮影モードになっていいか、
これが第一の難しさです。

いくら友人の晴れの舞台とはいえ(だからこそ、か)、
そこまで撮る方に回らなくても!ってのも、やはりあります。
自分自身、友人の結婚式にどういうスタンスで望むのが良いのか、
これは結構悩みます。

次に、基本的にプロのブライダルフォトグラファーさんが居る場合、
そちらの方は仕事でやっているので邪魔はできません。

なにせ、撮影ポジションは大体ここしかない!って状況なので、
そこは取れず、ないし先にプロの方に撮っていただいてから、
そこに入る訳です。

しかも、お仕事で撮っている方は「撮れませんでした」では済まされないので、
とにかく私のような人が居ると当然迷惑な訳です。
(事前に司会者やフォトグラファーの方には挨拶しておきましたよ)

加えて、招待者の場合、コース料理が出ます。
ゆっくり食べてる訳にもいかず、まったく食べない訳にもいかない。

まぁ、とにかく以上のことを乗り越えた上で撮影自体も大変です。

まず、なんと言っても、明るさがコロコロ変わります。
プログラムに応じて必要な感度が違いますし。
しかも、私はフィルムな訳で、次はキャンドルだ、次はスポットライトで登場だ!
ってな状況で400だったり、800だったり、1600だったりします。

当然、このあとお色直しで登場だったら、まだ30枚しか撮ってない状況でも、
そのフィルムは強制巻き戻しで終わりにして、次のフィルムを入れておきます。

普段使い慣れてないストロボワークも、タテ位置、ヨコ位置で、
ガチャガチャと瞬時に発光方向を変えるのは大変です。
あまりの忙しさに真上バウンスのままで、
タテ位置でシャッターを切って真横に発光してしまったりします苦笑。

フィルムの巻き戻し音だって、静かなシチュエーションではウルサイので、
不用意に最後の一枚まで撮ってしまえません。

とにかく、とにかく、ブライダルフォトは大変です。
一番求められるのは、自然な立ち振る舞いと礼儀と常識ですし、
当たり前ですが、人柄が大事ですしね。

ブライダルフォトグラファーさんは、すごいなと思いました。
[PR]

by photoboze | 2007-10-28 00:20 | [ Life size ] | Page Top↑
2007年 10月 27日
結婚式。
c0005587_2095273.jpg
D君&Sさん、結婚おめでとうございます!!2007.10.27


高校時代からの友人(中学から面識はあるな)の結婚式行ってきました。
当然、写真はまだです、ただいま現像中!
なので、とりあえず、デジカメで撮ったアバウト写真を。
(いや、今回はちゃんとしたものはオモテに出さないと思いますが・・)

友人はお医者様なので、なんと私ともう一人を除いて新郎側出席者は全員医者でした。
相手方もけっこうなお家なので、ゴージャスな結婚式でしたね。

とてもいい雰囲気の結婚式でしたね、やはり式はいいものだなぁと思いました。

P.S.披露宴だけでしたのでフィルム7本。もうすこしたくさん撮りたかったですね。
プロの方が撮っている姿を見ていろいろと勉強になりました、ちゃんちゃん。
[PR]

by photoboze | 2007-10-27 20:22 | [ Life size ] | Page Top↑
2007年 10月 25日
(image012)
たまにはGRD君も使おうと。
c0005587_21184684.jpg
[ with ドナルド ]
注意:「夕食がマクド」という訳ではありません、通りすがりです。


まだ大阪に居てます。明日には一時帰郷。

P.S.よく見ると、店内にはクールビューティーが!!
[PR]

by photoboze | 2007-10-25 21:19 | [ DIGITAL ] | Page Top↑
2007年 10月 24日
もうすぐ結婚式。
c0005587_23193030.jpg27日に地元で結婚式に参列してきます。
もちろん、カメラ持って行きますよ。

メインはやはり、F100+SB-28。
レンズは28-75と50mmF1.4。

ネガカラーとモノクロを持っていこうかと。

サブは悩み中です。

意外と使わないからサブなくても良いかぁと~とも
思いますが、GRかHEXARもっていくことになるでしょう。

なので、明日より3日間ほど
「写真にまつわるモノコト-blog」はお休みです。

P.S.ちなみに、画像でストロボに付いてるルミクエストは
多分使いません。
[PR]

by photoboze | 2007-10-24 23:32 | [ Life size ] | Page Top↑
2007年 10月 23日
秋の夜長
昨夜ひさびさに現像しました。
スピード上げて、一時間で片づけまでやっちゃいました。
やれば、できますね。
水温も21~22℃くらいなので、とてもラクです。
==================135現像データ=======================
FUJI NEOPAN PRESTO400 135 2本 LPL2リールタンク1本
水現像:60秒
現像液:SPD1:1 約21.5度 6分00秒(1分攪拌、25秒+5秒攪拌)
停止:酢酸1.5% 60秒(連続攪拌)
定着液:富士フィックススーパーL 約30度 7分(1分攪拌、50秒+10秒攪拌)
水洗い:流水約12分(1分流水、QW1分、流水10分)
水切り剤:ドライウェル、60秒
【結果】ばっちり!
==================================================
==================120現像データ=======================
KODAK Tri-x 400 120(ブローニー) 2本 LPLブローニ4リールタンク1本
水現像:60秒
現像液:SPD1:1 約21.5度 6分00秒(1分攪拌、25秒+5秒攪拌)
停止:酢酸1.5% 60秒(連続攪拌)
定着液:富士フィックススーパーL 約21度 6分(1分攪拌、50秒+10秒攪拌)
水洗い:流水約12分(1分流水、QW1分、流水10分)
水切り剤:ドライウェル、60秒
【結果】ばっちり。
==================================================
上記のデータはあくまで私のデータであり、フリフリの仕方で進行も違うんで、
結果の責任は負いかねます、ご了承下さいね。

[PR]

by photoboze | 2007-10-23 23:40 | [ 暗室ワーク ] | Page Top↑
2007年 10月 21日
フォト検の疑問part.2
※エラソーなことを書きますが、決してそのものを否定したいわけではありません。

以前に、フォト検について少し書きましたが、本日もいろいろな疑問が。

まず、3~1級まで一通りやりましたが、
1級は難しいコトの比率が異常に多いです。

そもそも1級はそれなりに知識と経験がある方を対象にしているので当たり前なのですが、
それにしても、ある一定の知識と経験がなければ、分からない問題がほとんどです。

3級・2級であれば常識問題?も多く、+αの正式な知識を持っているかどうかが合否の判断になりそうです。
でも、1級はいろいろなモノゴトの中の非常に細かいコトを知っているかが合否の判断になりそうです。
つまり、1級はこの検定の中でもちょっと特殊な位置づけのようですね。
つまり1級の不合格者のウチ、20点で落ちた人と50点で落ちた人が
2級(準1級)を受けると二人ともかなり高得点で合格することがありえるような気がします。
言い換えると、2級(準1級)と1級に連続性(つながり)が乏しい??

ちなみに、6~7割を合否のボーダーに設定するのが、
実力を正確に見極めるのに最適なラインなのは周知の事実ですが、
そのために、あえて非常にマニアックな問題に偏っているような気もします。

しかも、そもそも問題の対象範囲がとても多様です。
この検定はラボやフィルムメーカーの方、大判からデジタルを扱うオールマイティなカメラマン、
または指導者、またはカメラの販売員の方、など対象を幅広くする反面、
それぞれの方にとって対象外となる範囲もとても多くなっています。

つまり、いろんな方を対象にするあまり、それぞれの方からすると専門外のこともとても多くなり、
座学で見につけなければならないコトも多くなっているようです。

もちろん、これはボーダーを6~7割に設定するのに役に立っている??ような気もしますが、
専門外の問題を増やすことでボーダーを下げるのは本筋からズレているような気もします。

それぞれの分野の方が、常識+αの知識と経験を持っているかを検定で確かめるのが
本筋ならば、今後に期待です。

あと、デジタルは日々進化しているので、正誤がわずか一年でひっくり返っているモノもありましたね。
そこについても、若干ながら疑問を感じました。
「今日の正解は明日の不正解なのか」を問題設定時に判断するのがそもそも難しいのだろうなぁ~と
ちょっと同情したりもしますが・・・。

写真に関する検定というのがフォト検しかないという事情も含めると、
仕方ない部分もありますが、まだ始まったばかりの検定なんだなぁと思います。


P.S.まぁ、悪口を書いて言い訳にしたいわけではないので、
これを機にいろんな知識を見につけたいと思います。
撮る時間を割くわけにはいかないけど、なんとか、時間作らないとね。ぼちぼち寝ます!!
[PR]

by photoboze | 2007-10-21 01:48 | [ I THINK・・・ ] | Page Top↑
2007年 10月 20日
大人買い!?
アートディレクター佐藤可士和さんの本を二冊買いました。
(一冊は奥さんである佐藤悦子さん執筆)
珍しくハードカバーの新しい本を。私にしては大人買いです。

先日この二冊を一時間ほど立ち読みしてて、大体読んだんですが、
自分のモノにしておこうと。
c0005587_21657.jpg

パッと聞いて分かるものと言えば、
auの「INFOBAR」だったり、 NTTドコモの FOMA「N702iD」だったりは、
彼のディレクションです。
最近ではUT(ユニクロのTシャツ)のディレクションも可士和さんでしたね。
あ、UTの広告ではファッションフォトグラファ?のテリー・リチャードソンも出てましたよね。

かなり、面白いし、ためになると思うので、興味のある方は是非。

P.S.佐藤さんのHPはこちら。覚悟してクリックしてくださいね。
多分、一瞬でココロ奪われますよ。まさしくドコモのケータイのアニメーション画面みたいですね。
[PR]

by photoboze | 2007-10-20 21:27 | [ 本・雑誌 ] | Page Top↑
2007年 10月 19日
(写真230)
c0005587_19331342.jpg
[ F100 28-75 FUJI Velvia 100]

カメラを手にした時は、いつも光ばかり探している。

レースが越しのやわらかい光だとか、大きな木の枝葉から降り注ぐこぼれ日とか。

ここは家から15分のところでした。
[PR]

by photoboze | 2007-10-19 19:37 | [ PHOTO ] | Page Top↑
2007年 10月 18日
モノクロ写真のDPE
c0005587_0463331.jpg

とりたてて、目新しい事柄は書いてませんが、図画が多く分かりやすいので
これから暗室ワークを始める方にはおすすめです。

ページの1/3がデジタルモノクロの話、2/3が元祖??暗室ワークの話に割かれている
というのも面白い。
[PR]

by photoboze | 2007-10-18 23:46 | [ 本・雑誌 ] | Page Top↑


  Top↑