写真にまつわるモノコト-blog  ~写真の道を広げたい~  Today :
  Top↑  
<   2006年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

| Page Top↑
2006年 06月 26日
写真家150人の一坪展を終えて。
もう、展示終了から一ヶ月ほど経ちましたが・・・(-_-;)
写真家150人の一坪展を終えて、のんびり充電してるかと思いきや、そうでもないです。
終えた感想を書こうと思いながらも、なかなかコトバにならなくて。
ただ、ホコリ飛ばしたり、額を拭いたりして、丁寧にしまっている時は、
きちんと作れたかぁ~と思えて、悪くない気分でしたね(^_^)。
参加してとても良かったと思うし、次が見えた気もしましたし、努力が足りない自分に反省したり苦笑。
反省してることといえば、
もう少し、しっかり一個一個丁寧に撮ってぐらつきを抑えたい!ってことでしょうか?
作品にドシッとした落ち着きというのかな、そういうものがまだまだ足りないと思います。
一歩一歩、まだまだ先があるんで、焦らず、でも、休むことなく行きたいと思います。
たくさんの見に来てくれた方、ありがとうございましたm(_ _)m by pb
c0005587_14542865.jpg
[ 搬入前夜:作品を額装し終えて並べてみたところ この後箱詰めして完成しました(^_^)y ]


タイトル:「 ここではない どこか 」
キーワード:佇む、はせる、見つめる、望む・・・etc
展示イメージ:上下二段組み、横に五列
展示スペース:幅:1.8m 高さ:2.3m
作品サイズ:四ツ切 スクエア額(マットなし)
展示予定数:10点
カメラ:ローラフレックス 3.5F
フィルム:カラーネガ(Kodak)

[ 会計報告 ]
(収 益)
情 熱               ∞(無限大)

(費 用)
ギャラリー代(参加費)     10,000円
プリント代 2,100円×10=21,000円
表面加工    700円×10= 7,000円
額装    1,000円×10=10,000円
バックシート            2,800円
保護フィルム            1,500円
努力と時間            ∞(無限大)
--------------------
(利 益)           達成感(^_^)y

P.S.原資は愛するGR君を売り払って作った、わははっ(*_*)。
[PR]

by photoboze | 2006-06-26 21:02 | [ 写 真 展 ] | Page Top↑
2006年 06月 22日
Life size(写真148)
c0005587_1133396.jpg
[ Life size ]

[PR]

by photoboze | 2006-06-22 01:13 | [ PHOTO ] | Page Top↑
2006年 06月 19日
【大阪】世界報道写真展 2006
まだ、ちょっと先ですが、今年もハービスで世界報道写真展の巡回展あります。

c0005587_141204.gif------------------------
タイトル:「 世界報道写真展 2006 大阪巡回展 」
日 程:8月11日(金)~24日(木)
時 間:11:00-20:00(入館は19:30まで)
     開催期間中無休
場 所:ハ-ビスHALL(大ホ-ル)
入場料:一般700円・学生500円
お問い合わせ先:06-6343-7800
------------------------

報道写真の重要性と報道の自由を世界的規模で広げるためにオランダで設立された「世界報道写真財団」は、
毎年、 プロの写真家が前年1年間に撮影した報道写真を対象にコンテストを開いています。
選出については、事件、事故、紛争やスポーツなど10部門に分類し、
それぞれ短写真、組写真の1位から3位までの入賞作品を決定。
その中より入賞作品約200点を集めて世界50カ所以上を巡回しています。
今年で49回目を迎える本展への応募数は122カ国、地域から4,448人、8万3000点にも達しました。
会場には、いまもなお中東などで続く自爆テロ、 東欧で起きた洪水、アメリカを襲った巨大ハリケーン、
飢餓や病気に苦しむアフリカの人々の姿など、人類が直面する現場からカメラマンが発信した写真が並びます。
今年、大賞作品に選ばれたのはカナダ人カメラマンが撮影した
アフリカ・ニジェールの臨時食料配給所で母親の唇に手をあてた子供の写真でした。
大きく見開いた母親の目と痩せ細った1歳児の手は、静かにアフリカの危機的状況を訴えかけます。
写真家たちが命をかけて捉えた現実の瞬間は、 私たちの心に強烈な印象を残すことでしょう。
~引用文より~

[PR]

by photoboze | 2006-06-19 01:50 | [ 写 真 展 ] | Page Top↑
2006年 06月 18日
フィルムの管理。
もともと整理整頓が苦手なんで、フィルムの管理を長らくきちんとしてませんでした。
んでも、写真展する度に、もっと全部きちんと整理してれば~!!なんて思いをするので、
最近はきちんとやってます(さすがに数百ある35mmポジ全部は手が付けれない・・・)。
とりあえず、メインのブローニーネガは過去分すべて以下の画像のように整理してます。
c0005587_14272664.jpg
[ 上がブローニーネガ、下が35mmポジ。 ]
c0005587_1432543.jpg
ネガはネガシートに入れて番号ふってます。このバインダーには多分100本分くらい入ってるはず。
んで、ネガなんでチェック&セレクト用に全カットをノートリL判を焼いてるんですが、
それは別途ネガファイルと対応させて写真用のアルバムに入れてます。
(失敗のカットも全部並べるのは、なかなか自分にシビアになれて良いですよ)
丁度画像のボックスに25冊くらい入るんでこれまた100本分が整理できるかなと。

ネガだし、ブローニーなんでコンタクトシート作れば??と自分でも思うのですが、
それやるとチェック・セレクトはしやすくても、持ち歩きにくい上、ぱぱぱっとカテゴリ分けしたり、
レイアウトしたりが出来なくなる。
写真展前になると、私はベッドにカルタ大会のように写真ばら撒いてガシャガシャといじって
イメージをカタチにしていくんで、これが今のベストなやり方かなと(コストはかかるけど)。

P.S.一番欲しいのは、やはり時間と人手ですね。時間と助手(アシスト)があれば、
フィルムをスキャナで取り込んで、コンタクトシート作ってピックアップしたヤツだけをキャビネくらいで
きちんと焼いてストックしていくことも出来るんですが、それを自分でやると時間的なコストが高すぎる(*_*)。

私は良く"デジタル嫌い"と言われますが、デジタルの恩恵側だけならいくらでもwelcomeなんですが、
日々の生活を含めた今の私の環境では、デジタルはマイナスの方が大きいからNO!と言っているんですよ。
"デジカメ"単体でYes No言ってるのではないので、そこらへんは誤解なきようm(_ _)m。

[PR]

by photoboze | 2006-06-18 14:33 | [ camera ] | Page Top↑
2006年 06月 17日
【京都】JPS&クー・ボンチャン展
c0005587_9373633.jpg

-----------------------------
タイトル:「 2006 JPS展(第31回目)」

会場: 京都市美術館(岡崎公園内)
会期: 6月27日(火)~7月2日(日)
時間: 9:00~17:00(最終日16:00閉館)
イベント: ビジュアルパフォーマンス 田沼武能・西岡伸太
講演会: 講師 菅 洋志「幸せ大国ブータン」
日時: 7月2日(日) 13:00~16:30
場所: 京都市国際交流会館ホール
-----------------------------

-----------------------------
タイトル:「 クー・ボンチャン 展 」

期 間: 2006年6月1日(木)―7月17日(月・祝)
時 間:10:00-18:00(入館は17:30まで) 月曜休館(7月17日は開館)
一般 1,000円/学生 800円
場 所:何必館・京都現代美術館 http://www.kahitsukan.or.jp/
所在地 : 京都市東山区祇園町北側271
連絡先:tel: 075-525-1311(代表)
-----------------------------
[PR]

by photoboze | 2006-06-17 09:42 | [ 写 真 展 ] | Page Top↑
2006年 06月 13日
70,000カウント記念!?―大阪町景色(写真147)
c0005587_161629100.jpg
[ 大阪町景色:7万記念な写真じゃないですが、最近撮ったものを ]

昨年4月に1万カウント、8月に3万カウント、1月に5万カウント、そして今月ついに7万カウントですね(^_^)y。
このところペース落とし気味なんで年内に10万アクセス行けばいいかなって思ってます。
最近ネームカードなるものを作ると、見返りに1Gの容量もらえるようですが、
私はカードは作らない予定ですので、30MBがリミット。
ブログ初めて一年半で丁度15MBほど使ってるので、長くてあと一年半で終わりにしようかなと思ってます。
もちろん、それまでに次なるハコを作ろうと思ってます。
あ、ネット上でやるかは未定です、できればきちんと自分がイニシアティブを持てる場を作ろうと思います。
ここ半年ぐらいずっと考えてるんですが、もう半年くらいすると道が開けるんじゃないか!?と。

とりあえず、今後とも「写真にまつわるモノコト-Blog」をよろしくお願いいたします。 by photoboze
[PR]

by photoboze | 2006-06-13 15:46 | [ PHOTO ] | Page Top↑
2006年 06月 12日
studio voice【写真特集】
2月号に続き7月号のSTUDIO VOICEの特集は「写真を撮る方法」です。

c0005587_0554670.jpg


特集:写真を撮る方法

最も身近な記録メディア、写真。
だがそれは同時に、内なるイメージを具現化するための神聖なる表現手段でもある。
「このカメラは、どんな像を結ぶのか?」 それはカメラを手にするあなたの試み次第なのである。
少なくとも、ファインダーを覗きシャッターを切るだけでは、わたしたちを撃つ“写真”は生まれ出ない。
では、誰もが撮れてしまうものではない、“写真”を撮るにはどうしたら良いのか。
閉ざされた暗室の扉を開き、イメージ創造の具体的な秘密を探る。
フォトマスター達が伝授する、“写真を撮る方法”!!


Lesson1 “CAMERA/FORMAT
佐内正史 カメラとイメージの特性を知る

Lesson2 “CONCEPT/MOTIF 1 ”
アンダース・エンドストローム
日常からコンセプト / モチーフを見出す方法

Lesson3 “CONCEPT/MOTIF 2 ”
鷹野隆太 新たなコンセプト / モチーフの見つけ方

Lesson4 “MONOCHROME PHOTO”
本山周平 なぜモノクロで撮るのか?

Lesson5 “COLOR PHOTO”
ホンマタカシ カラー写真=ボクらは世界をどう捉えるのか?

Lesson6   “SHOOTING
屋代敏博 行為としての写真とは何か?

Lesson7 “SELECTION”
鈴木理策 コンタクトシートから作品を見出すまで

Lesson8 “DEVELOPING/PRINTING
久保元幸×岩田めぐみ 写真家とプリンターの摺り合わせ

Lesson9 “EXHIBITION”
尾仲浩二×金村修 展示で見せる

Lesson10 “PHOTO BOOK”
徐美姫×姫野希美 作品を写真集で見せるために

Lesson11 “WEB/DIGITAL”
小林のりお×長沼敦子 デジタル写真の可能性と Web での作品発表

10 Questions for New Generations
新世代写真家 14 人アンケート
[PR]

by photoboze | 2006-06-12 01:03 | [ 写真本・雑誌 ] | Page Top↑
2006年 06月 09日
ロバートキャパ展を見て。
週末は写真三昧なので、今日二つ目の記事。
神戸大丸のロバート・キャパ展見てきましたので、感想をば。

①後援がオリンパス・イメージングと日本HPだったことが興味深かった。
②企画者がどなたか知らないですが、もう少しクオリティを上げてほしかった。
 (というよりも、やるなら最低限の水準はクリアして欲しい
 サイズがバラバラで、切り取りも荒く、文章訂正しまくりのキャプションは、正直ひどい)
③いわゆるキャパの代表作はモノクロの作品なので、今回は報道写真として見たら
 それほど有意義だったとは思えないのですが、見れて良かったです。
 単純に、やはり切り取りがすごい巧いなぁと思った。

P.S.ある方から教わった言葉があって、それは
「写真展というモノは結局、見に行って良かったと思えるか、行って損したと思うか、その二つだけだよ」
ということです。わざわざ足を運んで、時間を掛けて、時にはお金払って、それで良かったかどうか、
それが鑑賞者の立場なんだ、それを忘れちゃいけない、ということです。

c0005587_231913.jpg

私の個人的な感想は、今回のキャパの写真展は見に行ってよかったです。
[PR]

by photoboze | 2006-06-09 22:42 | [ 写 真 展 ] | Page Top↑
2006年 06月 09日
センチメンタル(写真146)
c0005587_22315672.jpg
[ センチメンタル XA4 MACRO kodak ULTRA COLOR ]

タイトルほど湿度のない写真ですが、昨年8月にも載せた小学校の思い出のバスケットゴール。
中学・高校にあがってもボールを持って遊びに行った場所。実家に帰ると必ず散歩ついでに立ち寄る場所。

[PR]

by photoboze | 2006-06-09 22:32 | [ PHOTO ] | Page Top↑
2006年 06月 07日
【写真雑誌じゃないな・・・】広告
c0005587_2114555.jpg

『広告』という雑誌があるんですが、それの2005年 6/9月合併号の特集「なぜ、人はモノを買うの?」は面白い。

んで、特集じゃなくて、ぱらぱらとめくっていると気になる写真があった。
誰だろうときちんと見ると、田尾沙織さんでした。
雑誌「ニュートラル」とかでもたまに見かけてましたが、やはり目が反応するようです。

確か数年前にひとつぼ展のグランプリを最年少でとったヒトです。
歳いくつだろ~?と調べたら1980年でした・・・現在25~6歳。
調べたらHPありましたよ→http://www.taosaori.com/
[PR]

by photoboze | 2006-06-07 21:33 | [ 写真本・雑誌 ] | Page Top↑


  Top↑