「ほっ」と。キャンペーン
写真にまつわるモノコト-blog  ~写真の道を広げたい~  Today :
  Top↑  
<   2006年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

| Page Top↑
2006年 04月 30日
【大阪】ハービー・山口写真展 「REAL FACE」~とまらない時間~
本日見に行った彼女の情報では、ハービーさん本人が来ていたようです。
オレも会いたかった~(*_*)。ナダール大阪の時もニアミスで会えなかったんで・・・。
代官山17番地の写真を生で見れるまたとない機会なんで、時間つくっていきますよ!!

----------------------------
ハービー・山口写真展 「REAL FACE」~とまらない時間~
日 時 4月29日(土)~5月6日(土) 11:00~20:30
料 金 入場無料
問  06-6313-0501
HP  http://www.hephall.com/
場 所 大阪梅田 HEP FIVE8F HEP HALL
【トークショウ】
日 時 5月3日(祝) 15:00~
出 演 ハービー・山口
    azumi(wyolica)
    ※当日、整理券配布 先着100名様       
ハービー・山口の過去の作品
「ロンドン」「代官山17番地」「PEACE」「ROOTS」「福山雅治」そして
最新作「静かなシャッター」まで約150点が一挙に展示されます。
----------------------------
[PR]

by photoboze | 2006-04-30 01:57 | [ 写 真 展 ] | Comments(12) | Page Top↑
2006年 04月 27日
春の名古屋にて(写真136)
c0005587_2501170.jpg
[ 春の名古屋にて ]

名古屋にて3本ほど写真を撮ってきました。その中で5~6枚はまぁまぁかなぁ~なんて自画自賛してますが、これはボツ写真かな。
写真展を控えて、写真を安易にネットに公開することにかなり慎重になってます・・・m(_ _)m。

P.S.また後日写真をネットで公開することについての極私的意見を書こうと思っています。
[PR]

by photoboze | 2006-04-27 02:50 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2006年 04月 23日
【おすすめ本】世界でいちばん優しい椅子、建築家への道
c0005587_0101467.jpgc0005587_0102417.jpg

どたばたしてて、なかなか時間がないのですが、本を読むことは大事にしています。
写真関連の本も紹介したいものはあるのですが、まずはこの2冊を。
どちらも当然写真と関係ないのですが、いい本ですよ。

P.S.私がひっかかったキーワードは、『経済効率化の弊害』かな?もちろん、それだけじゃない本です。
[PR]

by photoboze | 2006-04-23 00:12 | [ 本・雑誌 ] | Comments(2) | Page Top↑
2006年 04月 20日
あいもかわらず。
やってます、なやんでます、ためしてます。
えっと、写真展の作品選び、ですね(^_^;)。
もう何回も創っては、壊してる。才能ねぇ~ともがきながらね。
いったんは50枚くらい選抜して、そこから10数枚に組んだんですが、また壊そうかと思っています。
L判からA4サイズ(ほぼ四切くらい)まで伸ばすと、また見え方が変わってきたり、力のバランス関係が変わったり。
いろんな方に見てもらって意見もらい、レイアウト変えて悪あがきしてみたり、裏焼き考えたり、
それで、だんだんあざとくなってきて純度落ちてきて振り出しに戻ったり(*_*)。

好きな写真集を眺めながら眠りに落ちたり、んでも、夢ん中で再度悩んでみたり、まぁ面白いです。

あいもかわらず、相変わらず、です。
[PR]

by photoboze | 2006-04-20 00:25 | [ 写 真 展 ] | Comments(0) | Page Top↑
2006年 04月 16日
【名古屋】アルフレッド・スティーグリッツ展
2ヶ月のロングランですが、さっそく名古屋まで足を伸ばしてきました。
せっかく名古屋まで行くということで、ゆっくり名古屋名物を堪能してきましたよ(^_^)y。
c0005587_23394742.jpgc0005587_2340590.jpg
c0005587_23403573.jpgc0005587_23402262.jpg
[ 左上:名古屋ボストン美術館 右上:パンフ 左下:ひつまぶし 右下:味噌煮込みうどん ]

アメリカ近代写真の黄金期を築いた三人の写真家、
アンセル・アダムズ、アルフレッド・スティーグリッツ、エドワード・ウェストンを紹介する写真展シリーズの第2弾です。
----------------------------
「アメリカ近代写真のパイオニア」展
第2弾 アルフレッド・スティーグリッツ
2006年4月8日(土)-6月7日(水)
名古屋ボストン美術館5階オープンギャラリー
入館料 一般1200円、高大生900円(オープンギャラリーのみ400円)
住所 愛知県名古屋市中区金山町1-1-1
TEL 052-684-0101
開館時間 平日10:00-19:00、土・日・祝・休日10:00-17:00
休館日 月曜日
----------------------------


以下、引用
スティーグリッツは、ニューヨークを拠点に新しい写真表現を求め、成長する大都市やそこに暮らす人々にカメラを向けました。
さらに写真雑誌の発行や展覧会の開催などを通じて、写真を一つの独立した芸術分野として確立すべく力を注ぎました。
彼のこうした活動は多くの若い写真家に影響を与え、「アメリカ近代写真の父」と呼ばれています。
本展では、彼と交流のあった写真家13人の作品を交えた60点により、スティーグリッツの写真活動を振り返ります。

[PR]

by photoboze | 2006-04-16 23:40 | [ 写 真 展 ] | Comments(0) | Page Top↑
2006年 04月 13日
【あと3ヶ月】7/17・18 MIO写真奨励賞の作品受付
*説明がたりなかったようで、補足です。
MIO奨励賞はコンテスト(審査)なんで、各賞10名+入賞22名の方のみ展示できます。謝謝m(_ _)m

さてさて、パンフが出来たようで、ラボで見つけたんで載せますね。2006用のHPも準備できてました。

2005年は国内外13ケ国から応募総数429作品、しかも、受賞者の半分は海外の人。
2004年は応募総数484作品、2003年は応募総数522作品、どうやらそのあたりくらいのようです。
ここ数年の海外の方の増加は、ちょっと怖いですね。
われこそは!という人、私なんて・・・という人、一緒に出しましょうか(^_^)?
出して損することなんて、よく考えたらまったくありませんからね。
出展者は多いほうがいい、うまい人がたくさん居たほうがいいって思うんで。


-------------------------------------
MIO写真奨励賞
【審査員】2003年より4回目なんで、来年まで同じかな!?
笠原 美智子(東京都現代美術館学芸員)
島尾 伸三(写真家)
平木 収(写真評論家)

【作品受付】
2006年7月17日(月・祝)・18日(火)11:00~19:00 
受付会場/ミオホール(天王寺ミオ12階)

【応募規定】
写真作品、またはフォトメディアを使用した個人・グループ制作の作品
テーマ、ジャンル、技法、形態は問いません(作者が撮影した作品に限ります)

●壁面に展示ができる作品であること。点数は問いません。
複数の作品は、一人当たり、最大で天地2m×幅4m以内の壁面に展示ができます
●作品ファイルでも応募ができます。(1テーマにつき一冊でお願いします)
入選決定後、展示作品を8月26日(土)に提出できることが条件です
-------------------------------------

P.S.私はとりあえず、その前に大阪写真月間が迫ってる~、プラン表提出まであと一月切りました(;o_o)
昨夜、ざくっと写真のセレクト終えました。
[PR]

by photoboze | 2006-04-13 12:43 | [ 写 真 展 ] | Comments(0) | Page Top↑
2006年 04月 11日
新世紀展・ラルティーグ展みた。
c0005587_23571045.jpg
う~む、まず新世紀の感想はやめておきますm(_ _)m。
行ったら面白いとは思いますよ、勉強になると思いますし。
蜷川実花選の「TSURU」(新垣尚香さん)、
エグルストン選の「さざめき」(とくたはじめさん)は、素直に見れたかな!?

それより、先週行ったんですが、
天気が良くて光線状態が良かったので、
いい写真が撮れましたね。
「春が来てる!」って、フィルムを眺めながら感じてます。

ラルティーグ展の方は、すごく楽しめましたね。
ただただ好きなものを、変に誰かの意見・視線を気にすることもなく
フィルムに定着させ続けてこれた、やっぱこれが大事ですよね。
10歳くらいから80歳くらいまでほぼ毎年の作品を一同に見ることが出来ましたね。
カメラの進歩も見えたし、1900年当時の写真が生で見れたのも嬉しかったですね。
c0005587_23571938.jpg
[PR]

by photoboze | 2006-04-11 23:58 | [ 写 真 展 ] | Comments(2) | Page Top↑
2006年 04月 09日
スナップ de lomo!(写真135)
c0005587_23471175.jpg
[ スナップ de lomo 01 ]

ちょっと気分転換にLOMO(LC-A)で撮ってみました。
0.8m 1.5m 3.0m ∞の4ステップしかない目測なんで、微調整は足でやるという不思議なテクニックが要る(^_^;)。
いや、でも距離を感覚で把握する勉強はしておいた方が良いので、皆さんもたまにはどうぞ。
んで、写りはやはり周辺光量の不足で露出落ちますね(おかげでセンタ-に視線を集中させやすいかな)。
あと、若干白とびに弱くて、逆光でカラーバランスが崩れがち、ボケがちとグルグルしてるかな(ボケ線が太い!?)?

たまにシャッターが落ちなかったり、光線漏れあったり、まぁ高性能なカメラとは言えませんが、
弱点というか、個性というか、それを分かって上手に使えばなかなか面白いなぁと思いました。

ちなみに場所はここ。
c0005587_0124560.jpg
[ lomo 02:∞ではあまり面白くないかな。 ]

[PR]

by photoboze | 2006-04-09 23:47 | [ PHOTO ] | Comments(2) | Page Top↑
2006年 04月 06日
アライグマな瞳(写真134)
日本一小さな動物園(らしい)の五月山動物園へ
いや、動物園目当てではありませんが・・・(^_^;)。
私の場合はどこに行っても、何をしても、写真撮ってるからまぁそんな感じで。
良かったですよ、五月山。たぶん、今頃桜は満開なはず。
んで、アライグマ君です。良い瞳してますね。ほかにもいろいろな動物います、これで無料はすごいですね。
c0005587_2055394.jpg
[ アライグマな瞳 ]

[PR]

by photoboze | 2006-04-06 20:55 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2006年 04月 06日
【神戸】CAPA IN COLOR展
c0005587_1330817.jpg
最近写真展情報ばかりですが・・・
キャパのカラー写真が出てきたようでその写真展です。
----------------------------
『ロバート・キャパ写真展「CAPA IN COLOR」 』
会場 大丸ミュージアムKOBE
期間 2006年5月31日(水)~6月12日(月)
時間 10:00AM~7:30PM(8:00PM 閉館)
最終日は~4:30PM(5:00PM 閉館)
閉館日 会期中無休
料金 大人800円、大高生600円、中学生以下無料
問合せ 大丸神戸店 078-331-8121(代表)
----------------------------
[PR]

by photoboze | 2006-04-06 13:30 | [ 写 真 展 ] | Comments(0) | Page Top↑


  Top↑