「ほっ」と。キャンペーン
写真にまつわるモノコト-blog  ~写真の道を広げたい~  Today :
  Top↑  
<   2005年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

| Page Top↑
2005年 11月 30日
夕暮れの公園(写真113)
c0005587_029458.jpg
[ 夕暮れの公園 ]

P.S.正方形のファインダを上から覗きながら、ピントと露出を合わせて、
チッってかすかな音を立ててシャッターが切れる、まるで何事もなかったかのように
そしてクルッ、反対にクルッとノブを回して次のシーンを待つ ローライのリズムはちょっと奥ゆかしい
[PR]

by photoboze | 2005-11-30 00:30 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2005年 11月 29日
写真を買った。
まだ実物は届いてないですが、写真を買いました。
写真を買うというと、馴染みのない人は不思議に思うかもしれませんが、簡単に言えば"作品"を買いました。
写真ってのは、アートとして「オリジナル・プリント」というもの(概念)があるのですが、
それを購入したということです。実は写真の作品をきちんとお金を出して買ったのは初めてです。
きちんとエディションがあって、当然バライタ紙(アーカイバル処理も)です(カラーの場合どうするのだろう?)。
写真というのは、きちんとアートの視点から語られ得るものなのですが、
日本においてはそういう風土はまだ根付いてないですよね(写真がアートだという認識はまだまだだと思います)。
今はまだ寮生活なので、なかなか思うように飾ることは出来ませんが、
いつかきちんとリビング・ベッドルームなどに好きな作品を飾っていけるようにしたいなぁと思っています。

ある本に書いてあるコトですが、ギャラリーというものは本来写真の売買の場であって、写真を買うとは
「買い手にとって自分自身の固有の価値観を再認識する行為であり、
売る行為は売り手である作家にとって存在の肯定である」
ことだと言われています。

今回購入した作品は良心的な値段だったので、決して無理して買った訳ではないですが、
値段を聞いてビックリする方も居るのかな(中古のコンタックスT2くらいの値段ですよ)?
まぁ、"写真というもの"を知らないヒトからすれば当然かもしれませんが・・・(^_^;)。

例えば、何気なく花屋さんに寄って花を買ってくる、こういう習慣って日本ではあまりないような気がします。
昔から花屋さんという職業には興味があって、花屋は単純に"花"を売っている訳ではないんですよね。
なんと言ったらいいのか、花を飾る、花に気持ちを託す、日常生活に華やぎを持たせる、なんて感じでしょうか。

別に強制ではないですが、写真を趣味にしている人は、一度写真を買ってみたら良いと思いますよ、
写真集すらなかなか売れない日本では、結構分かり難い感覚かもしれませんが・・・。
何となく、宣伝文句に吊られて新しいレンズを買うお金があるなら、写真を買う方がもっと写真を深く味わえると思います。

以前、どこかで書いたような気もしますが、写真を趣味にして熱中している人が、意外に写真集を買わない、
ギャラリーを訪れない、写真を買った事がない、というのは少しヘンな気がしますね(^_^;)。

[PR]

by photoboze | 2005-11-29 01:07 | [ 写 真 展 ] | Comments(6) | Page Top↑
2005年 11月 28日
極私的意見7―人物スナップの面白さ
c0005587_12191097.jpg

人物スナップの魅力というのは幾つかあると思うのですが、カメラを向けると、サッと視線を貰えて、
笑顔でOKサインをくれる場合があります。もちろん、たまに嫌そうな顔もされますが(^_^;)。
まぁ、そういうときはシャッターは切りません。マナー・礼儀はとても大事だと思いますので。

で、ファインダーを覗いたときに上の写真のような表情をされると、すごい嬉しいですね。
私は幼い頃から犬や猫には嫌われないタイプだなぁ~とは思ってたのですが、写真を撮るようになってから、
意外とヒトにも嫌な顔をされず撮らせて貰える得な性格だなぁと思っています。これは技術的な話じゃなくて。
もちろん、こっちがタナボタ的に考えてたり、気後れしたり、真摯な気持ちがなければ、
絶対にこんな風には撮らせてもらえないと自分に常に言い聞かせてますが・・・。

特に相手が撮られることを意識してる場合、写真を撮るというコトは"相手の存在への肯定"だと思っています。
単に外見が可愛ければいいとか、キレイならいいとか、じゃない。
こっちが撮りたいんだって気持ちを知ってもらった上で、相手にきちんと向き合ってもらう、
それがないと薄っぺらい写真になるんじゃないかな?と思っています。
(もちろん、キャンディット・フォトというジャンルはまた別に意味があると思ってますよ)

写真に限らず、どんなに高級な機材を持っていても、魅力的な対象(被写体)を自分で見つけて来れないヒトに
いい写真なんて撮れる訳がないって思っています。一番重要なのはレンズでもカメラでもなく、あなた自身だろうと。
ありきたりな結論ですが、結局は"人"ですからね。
[PR]

by photoboze | 2005-11-28 12:20 | [ I THINK・・・ ] | Comments(2) | Page Top↑
2005年 11月 26日
ウォーターグラス(写真112)
c0005587_8341936.jpg
[ ウォーターグラス ]

[PR]

by photoboze | 2005-11-26 08:34 | [ PHOTO ] | Comments(2) | Page Top↑
2005年 11月 25日
スナップ de rollei (写真111)
c0005587_140586.jpg
[ 梅田の交差点にて ]

「インパクトある看板の前を横切る人々」って切り口はあまりにオーソドックスでありふれた手法ですが、
二眼レフの練習ということで(^_^;)
[PR]

by photoboze | 2005-11-25 01:31 | [ PHOTO ] | Comments(4) | Page Top↑
2005年 11月 23日
今日のところはご勘弁を~m(-_-)m
c0005587_22343195.jpg

写真撮ってますよ、ちゃんと(^_^;)。ただ、現像してない・・・、ので今日はフィルムの写真でご勘弁を笑。
ちなみに、全部二眼レフで撮ってます~。もちろん、35mmも撮ってます~!
[PR]

by photoboze | 2005-11-23 22:34 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2005年 11月 21日
光のシルエット(写真110)
c0005587_21441819.jpg
[ 光のシルエット ]


P.S.スクエアな写真を期待している方もいるかもしれませんが、
中判は写真展向けに使ってるんで、当面出せないかも、ですm(-_-)m。

[PR]

by photoboze | 2005-11-21 21:16 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2005年 11月 20日
どれほどのショック?G-shock(ToT)!
c0005587_23432775.jpgえっと、相変わらず意味不明な出だしですが(^_^;)、
半年くらい前から無くしてどこを探しても見つからないモノがあります。
それが黄色いG-shock。すごいお気に入りだったのに・・・。

んで、写真をやっていて、特にMF機なんて使ってると
よく時計とかも好きでしょ?なんて聞かれる。
いわゆる機械式の時計のことなんだろうけど、答えはNO!
社会人としての最低限の身なりだとか、マナーっていう点から
いつかソコソコの時計を身につけようとは思うのだけど、
今はあまり興味が無いですね。

時計は私にとって正確な時刻が判ればいい、受動的な道具。
腕に付けておくだけのモノ(まぁ、格好いいものは好きですが)
だから、30万円でも、1万円でも私には同じ、
別に値段で時計の針のスピードが違うわけじゃないから(^_^;)。
もちろん、ダイバーでもレーサーでも宇宙飛行士でもないし。

カメラはそこが少し違って、私にとっては表現の道具、能動的な道具。
だから何でもいい訳じゃない。手に馴染まなければ始まらないし、
相性が良くないと何故か"写らない"、値段の高い安いじゃなくてね。
[18歳の頃、初バイトのお金で買った時計。最近針が遅い・・・]

P.S.私とってカメラは「板前さんの包丁」みたいなもの。眺めておくものじゃないし、ステータスでもないし、
それ自体が意味を成すんじゃない。そこから何を生み出せるかどうか、そのために本当に"よく出来たもの"がいい。
[PR]

by photoboze | 2005-11-20 23:44 | [ I THINK・・・ ] | Comments(0) | Page Top↑
2005年 11月 19日
「(仮)わりと素直にⅡ」に向けて
c0005587_2335141.jpg今お手軽に写真集を作れるサービスが流行ってますね。
私がそれを使うかは別として、
初めて手作りで作った「わりと素直に」(なんと原価3000円)
はシリーズ化していくつもりです。
多分、あと一年ほどしたら、実作業に入れると思う。
すごく先の話のように聞こえるかもしれませんが、
多分それくらいかかるはず。
ちなみに、左の画像は最初に作った「わりと素直に」。
あのスタイルを変えずに、少し成長したpbの写真集を作ります。
乞うご期待ということで(^_^)y。また友人に売りつけよう(^_^;)
[PR]

by photoboze | 2005-11-19 23:35 | [ 写 真 集 ] | Comments(6) | Page Top↑
2005年 11月 18日
【京都】兒嶌(こじま)さんの写真展「不安定な理」
現在、兒嶌さんの写真展やってます。場所は京都のプリンツ(Prinz)!!しかも1Fです。
知ってるヒトにはこれだけですごいと分かると思いますが、
前回MIO展でも入賞(確か8回中6回?入賞してる)されてます。んで、いつものように情報は以下です。
---------------------------
タイトル:「 不安定な理 」兒嶌秀憲(Kojima hidenori)
期 間: 2005年11月07日(月)~12月10日(金)
時間:8:00~26:00((最終日は17:00まで)
場 所:Prinz(プリンツ)
所在地 :京都府京都市左京区田中高原町5
電車 : 叡山電車茶山駅より徒歩2分
連絡先:TEL:075-712-3900 FAX:075-712-3903
---------------------------
ちなみに、kojimaさんのHPはこちら

P.S.kojimaさん、また行く日そちらのBBSに書き込みますね~!よろしくですm(-_-)m
c0005587_0285834.jpg

[PR]

by photoboze | 2005-11-18 00:30 | [ 写 真 展 ] | Comments(4) | Page Top↑


  Top↑