写真にまつわるモノコト-blog  ~写真の道を広げたい~  Today :
  Top↑  
<   2005年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

| Page Top↑
2005年 10月 31日
生まれてはじめて撮った写真。
みなさんは、生まれてはじめて自分で撮った、つまりシャッターを切った写真を覚えていますか?
何故だか、私は強烈にその記憶が残っていて前回実家に帰った際にその写真を見つけました。
で、それが以下のモノ。多分小学生の低学年の頃だと思う。
c0005587_11412745.jpg
ご覧の通り、ピントも合ってないし、たぶん縦ブレもおこしてる(^_^;)。
確か、父親が持っていたキヤノンのカメラ(多分レンズ固定のレンジだったかな?)を借りて撮った。
最初に持った時にとても重くて鉄の塊りだなぁと思いました。
シャッターボタンを押しながら頭を少し下げてしまって父親からそうするとブレるぞ!と言われたのも覚えています。
やはりというか、上がったプリントを見るとそもそもピントを合わせていないことが分った。
そのとき、「あ~、写真って撮るの難しいんだなぁ」って思いましたね。
なので、私の今でも持ち続けてる写真に対する意識は、きちんとやらないと写らないってコト。

今写真を趣味にして熱中しているけど、生まれてはじめて写真を撮った記憶とそのプリントを
今も手元に持っていられるのは、とても貴重なことだと思う。どんな写真より大事な一枚。
[PR]

by photoboze | 2005-10-31 11:43 | [ PHOTO ] | Comments(4) | Page Top↑
2005年 10月 29日
Happy Marriage! 2005/10/29
c0005587_2222488.jpg
[ Happy Marriage! 2005/10/29 ]

中学時代からの友人が本日結婚しました。
Happy Marriage to T君 & Aさん!


また明日関西に戻ります~!by pb
[PR]

by photoboze | 2005-10-29 22:23 | [ Life size ] | Comments(0) | Page Top↑
2005年 10月 26日
MIO写真奨励賞入賞作品展行きました
c0005587_1242555.jpg講演を聴くために初日に行きました。
笠原美智子さん、島尾伸三さん、平木収さんのお話
とてもよかったですよ。
デジタルや展示、テーマ、姿勢、深み、そんな話を聞く中で
「語る言葉を持つこと」の力や重要性を
を教えていただいたような気がします。
作品も非常に多数展示されており、見るの一日仕事です。
期間中にもう一度見に行こうと思っています。

P.S.入賞された方ともお話できて良かった(^_^)y。
[PR]

by photoboze | 2005-10-26 12:06 | [ 写 真 展 ] | Comments(2) | Page Top↑
2005年 10月 24日
お礼。
中学時代?に親から読んでみればと渡され、未だに大事にしてる一冊の本。
その一節を載せて今日の締めにします。

「あなたがこの旅で、少しでも豊かな人間になって日本に帰ることが最大のお礼なのです。
私もあの人たちの名前は忘れてしまった。ただ私はあの人たちの希望だけは覚えています。
あなたが 争いより友情を、非難より理解を、愚痴よりは建設を、
あなたの周りに引き入れるような人になってもらいたい ということです。」

犬養道子 「お嬢さん放浪記」より


P.S.1978年出版の本です。私が1歳の時、でも、そこに書いてあることの多くは今も古びていない。
ちなみに、犬養道子さんは「話せばわかる」「問答無用」と射殺された犬養首相(5.15事件)のお孫さんです。
[PR]

by photoboze | 2005-10-24 21:39 | [ I THINK・・・ ] | Comments(0) | Page Top↑
2005年 10月 24日
スナップ!(写真103)
c0005587_1236179.jpg
[ なんでも値引き ]

ちょっとタイトルがダメかな(^_^;)?
人物スナップは楽しいです、マナーや肖像権といったことも大事にしながら、
街をウロウロ、カッシャッとやるとテンションが上がってきます。
やはり、人が好きなんだと思う。
[PR]

by photoboze | 2005-10-24 12:38 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2005年 10月 22日
WALK ON(写真102)
c0005587_165039.jpg
[ WALK ON ]

これは両方ともGR1sで撮ったのだけど、この日同じフィルムで色々なカメラで撮ったけど、
やはりGR1sはよくも悪くもとてもシャープな写りをしますね。
[PR]

by photoboze | 2005-10-22 01:09 | [ PHOTO ] | Comments(4) | Page Top↑
2005年 10月 20日
日高千賀子さんの写真展にて
昨日夕方Early Galleryで日高千賀子さんの写真展
「MAYAKAN~ロビンソンノサイゴノトリデ~chapter2 CHARON」 を見てきました(~10月21日)。
そこで17日に引き続き平木収さんに遭遇、正直ビックリした(^_^;)。
22日にMIOに「ミオ写真奨励賞2005 入賞作品展」見に行く予定にしてますので、
僅か一週間ほどで三回お目にかかるかも(^_^;)
----------------------------------------
審査員ギャラリートーク
 日時:10月22日(土)14:00~
 笠原美智子(東京都現代美術館学芸員)島尾伸三(写真家)平木 収(写真評論家)
 15:00~MiO写真奨励賞2005授賞式
 問い合せ:TEL.06-6770-1376(10:00~18:00)

----------------------------------------
c0005587_1834380.jpgc0005587_18341334.jpg
[ 左は日高さんのDM、右は11月27日赤瀬川源平×平木収の対談「ずれる視点 老いてはカメラにしたがえ」 ]

[PR]

by photoboze | 2005-10-20 18:36 | [ 写 真 展 ] | Comments(2) | Page Top↑
2005年 10月 20日
コダックネガフィルム-portra NC-
c0005587_3482527.jpg

私のネガの常用フィルムです。リバーサルはE100Gかプロビア・アスティアですね。
ISO160というのは、意外と使い易い(^_^)y。400の方もポートラNCの発色の大人しさが魅力です。
もちろん、被写体・テーマによって色んなフィルムを使い分けますが・・・。
私が中判用フィルムを買うということは写真展に向けてもうひとあがきするということです(^_^;)。

更新が遅れ、中身もあまり充実してないですが、とりあえず今日は更新できてホッとしました。
おやすみなさい by pb
[PR]

by photoboze | 2005-10-20 03:47 | [ アイデアノート ] | Comments(0) | Page Top↑
2005年 10月 17日
スタイケン-ポートレイト-展の後。
c0005587_1354923.jpgc0005587_1355593.jpg

芦屋のスタイケン展を見て、写真評論家の平木収さんに写真を見てもらえたし、終了後お話する時間もいただけました。
さらに、外でタバコ吸ってると、11月3日にギャラリートークをされる写真家であり日本写真映像専門学校の講師も
されている楓大介さんともお会いでき充実した一日でした(^_^)y。
その後は、ご飯食べながら、こちらにもたまにコメントくれるnagamimiさんとそのお友達とも
写真について3時間ほど語ることが出来楽しかったです。
画像はnagamimiさんが今回ひとつぼ展に出されたブックです。写真三昧の楽しい一日。
明日からまた頑張るべぇ~。
[PR]

by photoboze | 2005-10-17 01:35 | [ 写 真 展 ] | Comments(0) | Page Top↑
2005年 10月 16日
【芦屋】エドワード・スタイケン -ポートレイト-展
<10/16 追記>
15・16日と二日連続写真展見てきました。
すごく良かったですよ。11/3に行けば、写真家楓大介さんの講演も聴けますし。
カチッとポートレイトを撮ることの強さを存分に味わうことが出来ました。
まだいかれてない方は是非です。

c0005587_12251351.jpg---------------------------
タイトル:「 エドワード・スタイケン -ポートレイト-展 」
期 間: 2005年10月1日(土)~11月6日(日)
時間:10時~18時30分(入館は18時30分まで)
休館日:午前10時~午後5時(入館は4:30まで)
月曜休館(10月10日は開館、翌11日休館)
一般:500円
場 所:芦屋市立美術博物館
所在地 : 兵庫県芦屋市伊勢町12-25
連絡先:tel : 0797-38-5432 fax : 0797-38-5434
---------------------------
[PR]

by photoboze | 2005-10-16 23:58 | [ 写 真 展 ] | Comments(2) | Page Top↑


  Top↑