「ほっ」と。キャンペーン
写真にまつわるモノコト-blog  ~写真の道を広げたい~  Today :
  Top↑  
<   2005年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

| Page Top↑
2005年 06月 29日
テーマって・・・
こんにちは、photobozeです。
タイトルどおり、写真のテーマというのを最近良く考えます。
もちろん、いつも幾つかのテーマは持っていますし、まだまだやってみたいことは沢山あります。
テーマというのは、無理矢理ひねり出すモノじゃなくて、幼い頃からの自分なりの世界観や衝撃を受けた出来事、
日常の中で感じたことなどが自然とテーマになると思っているのですが、悩んでいる人も多いと思う。

「私はどんな写真を撮ったら良いですか?」と聞かれても、正直困ることがあります(^_^;)。
本人が気付いていないけど、私から見てこんなの感じてるんじゃないの?と言える場合もありますし、
何を感じて写真を撮っているんだろう?と聞いてみたくなる人もいたりするm(-_-)m。
ただし、本人が撮りたければ撮り続ければ良いし、全然上手くならないから辞めようかな?っていう人の中にも
あと少し続けてみたら多分先が開けるのになぁ~って思う人も多いです。
大体、あと一息ってところが一番辛いんですよね、だから辛くなったらあと少しだ!って考えたら良いと思う(^_^)。

ただ私自身強く感じることですが、写真を続けていくのはやはりとても難しいコトだと思います。
何が難しいか、経済面? いやそれもありますが、多分それは"動機(モチベーション)"です。

カメラの機構やレンズの描写にコダワリを持ち、それを次々と追っ掛けるのに夢中になるタイプの人は、
それが是か否かは置いておいて、写真(カメラ!?)を続けれらる(^_^;)。
鉄道が好きだとか、女性が好きだとか特定の被写体にこだわりがある人もあまり悩まないみたい。
むしろ、自分らしく○○を表現したい!って人の方が、色々な壁にぶち当たるようですね。
正面から自分自身と向き合わないといけないということは、結構辛い作業ですしね。
私もシャッターを切ると痛い!って感じるコトありますし、撮った写真が自分に跳ね返ってきてキツイ時もあります。

でも実は、世の中って見る人によって全然違っていて、あなたの見てる世界ってユニークですよ!って思う。
それを自分なりに研ぎ澄まして、写真ってカタチにして私に見せてよ!って思います。
他人と違うからダメなんじゃなくて、違うからあなたなのであって、皆それが見たいのだから、と。
[PR]

by photoboze | 2005-06-29 12:11 | [ I THINK・・・ ] | Comments(12) | Page Top↑
2005年 06月 28日
ずっと見ていた(写真065)
c0005587_160297.jpg
[ ずっと見ていた ]

こういう光景をずっと見ていられたらと思う。ポートレイト撮影の合間に・・・
[PR]

by photoboze | 2005-06-28 16:00 | [ PHOTO ] | Comments(2) | Page Top↑
2005年 06月 27日
【京都】森山大道写真展
<7/03 追記>
写真展「Buenos Aires」見てきました。とても良かったですよ。展示方法はイマイチでしたが。
今回は被写体をじっと見詰めてるような写真も多かったです。私が感情移入したのかもしれませんが、
ちょっとやりきれない、せつない気持ちになるモノもありました(^_^;)。


近々、私も行こうと思っています。
あ、ついでにプリンツも行こうかなぁと。どうもそのころ(この頃?)は写真展は無いみたいだけど(ToT)。

----------------------
森山大道写真展「Buenos Aires」

2005年6月22日(水)~7月3日(日)
京都造形芸術大学 ディーズ・ギャラリー
住所:京都市左京区北白川瓜生山2-116
京阪出町柳駅で乗り換え、叡山電車茶山駅より約10分
Tel.075-791-9122 Fax.075-791-9127
会期中無休、 10:30~18:30(最終日は17:00まで)
入場無料
----------------------

また関東でも、
タカ・イシイギャラリーにおいて(7月8日~8月6日)、
epSITE(エプソンイメージングギャラリー)において
同様の写真展があるようです(年6月22日~05年7月31日)
[PR]

by photoboze | 2005-06-27 12:10 | [ 写 真 展 ] | Comments(4) | Page Top↑
2005年 06月 26日
週末活動
c0005587_22102756.jpg
[ いったい、いくら掛かるのだろう(>_<) ]

この週末は、港町を撮ったり、古くからの街を撮ったり、ネイチャーを撮ったり、ポートレイトを撮ったり。
で、こんな沢山の種類のフィルムを使いました。数も結構多いですね。
35フィルム10本、ブローニーフィルム6本、つまり二日で420カット~!
まぁ、撮影時間から言えばそれほど多くはないですが、それくらい撮影漬けの週末でした。
ちなみに左の見慣れない6本がブローニーフィルム(規格:120)といって中判カメラ用フィルムです。
67(ロクナナ)のカメラだと10枚撮りフィルムになります。ちなみに、20枚撮りの220フィルムもありますよ。

もう少し、皆さんに役立つ記事を書きたいのですが、撮るのが本業なので今日のところはご勘弁をm(-_-)m。
[PR]

by photoboze | 2005-06-26 22:11 | [ PHOTO ] | Comments(3) | Page Top↑
2005年 06月 26日
ポートレイト実習より(写真064)
c0005587_1324299.jpg
[ これは中判で撮る必要は無いよね、不意打ちだったからシャッター音でビビらせてごめん ]

例のごとく、モデルになってくれた人にOK貰わないとダメなので、今回は撮影移動中のオフカットを。
二回あるうちの一回目のポートレイト撮影が終わりました。結果は、まずまずかな(^_^)。
丁度4ヶ月ほど前もやりましたが、今回も写真教室の方針に反して、中判カメラをメインで撮りました。
せっかくいい写真が撮れても授業で発表できない・・・、先生ゴメンなさい~m(-_-)m。
でも、数ヶ月前からようやく中判のペンタ67と仲良くなれたので、前回よりずっといい写真が撮れました(^_^)y。
ブローニーを9本、135リバーサルを1本半、枚数にして140カット位かな?やはり撮り足りないですね。

さて、二回目の撮影に中判を持っていくか、これが私の今の悩みですね(^_^;)
[PR]

by photoboze | 2005-06-26 01:33 | [ PHOTO ] | Comments(0) | Page Top↑
2005年 06月 24日
【夢想】タダでカメラが貰えるとしたら
例えば、好きなカメラどれでも一台あげるよ!って言われたら何が欲しいですか?もちろん、換金はダメですよ笑。

これを自分なりに考えたら、すごくシンプルな答えが出た。それは、ブランドでも値段でも、もちろん稀少性でもなくて、
自分に合うカメラが欲しい!それを見つけたい!ってコト。本当にそこを知りたい。

例えば、35mm一眼のフラッグシップ機が欲しいか?と言われたら、今はNO!
だって多分撮れる写真は予想範囲内な気がする・・・ゴメンなさいm(-_-)m。
ただ、意外に思うかもしれないけど、たまにはAF一眼レフの必要性を感じるときもあります。

例えば、GR1sとT2をもっていながら、T3やTC-1やGR21も欲しいか?と言われたら、それもNO!
いや、そりゃ欲しいし素敵なカメラだけど、無くても問題ない・・・ごめんなさいm(-_-)m

じゃぁ、二眼レフ?ブロニカやハッセル?ベッサやライカMシリーズ?もしくは、マキナ67やNew Mamiya 6MF?
意外にもTX-2みたいなパノラマカメラ?もしかしたらその中にあるのかもしれないし、ないのかもしれない。

なんとなく、35mmMF一眼レフは今のモノでいいや。もっと良いモノ沢山あるけど、今ので我慢できる。
コンパクトも少し違う気がする。そう考えると、中判はペンタ67があるけど、6×6は興味あるかな。
フォーマットが違うと撮れる写真が変わってくる、そこが大事な気がする。
特に、二眼か、いわゆるハッセルタイプか、そういった"上から覗き込み系スクエアフォーマット"は一度使ってみたい。
ただし、自分に合うかは不明・・・しかも手を出しずらい高価な代物なので自力ではキツイ。
もう一つが、ライカを代表とする35mmレンジファインダーカメラ。これは最近ベッサのR2を手に入れて検証中。

ということで、どなたでも良いです、神様でも悪魔!?でも良いです、ローライ系かハッセル系をタダで下さい(-_-;)
もしくは、最低半年タダでレンタルさせて下さい。それくらい使わないと相性なんて分からないから。

とりあえず色々なタイプのカメラを使ってみて、自分に合うカメラを数台見つけて、
シーンに合わせてうまく使い分けていきたいなって思います。全部欲しいなんて言わないので~!
これってワガママでしょうか?

P.S.我ながら、くだらない記事ですみませんm(-_-)m。タイトルどおり、夢想ということでご勘弁を!
[PR]

by photoboze | 2005-06-24 00:52 | [ I THINK・・・ ] | Comments(4) | Page Top↑
2005年 06月 23日
日常生活(写真063)
c0005587_38748.jpg
[ on my desk ]

12/12の記事「ものは試しに」で載せた写真の正式プリントバージョンです。
日常にあるものでも、冷静な視線とカメラのマジックでいくらでも絵になるなぁと(三脚+中判カメラで)。
こんな小さな机の空間で、色々なことを思案してます(^_^;)。

それにしても、中判(6×7)で105mmレンズを開放付近で撮ってますが、深度浅いですね。
35mm換算で約50mm画角なのに、この深度の浅さは時に危なっかしいです。
ただ、中判フィルムの木目細かさはスゴイなぁと思います。そして古いレンズの甘い描写も嫌いじゃないかな。
前回の写真展出品の「街のしぐさ」も中判カメラとこの105mmレンズのみで撮ってます。
写真展に参加してみて、レンズ一本勝負でいく方が、統一感が出るのかもしれないなと思いました。
その中でどうバライエティ(多様性)を見せられるかというのも技量だと思いますしね。
最新の多機能カメラに多数のレンズを持ってないとダメだと思ってしまう心理は、なんなんでしょうね?

P.S.「マニュアルカメラの使い方」を書きたいのですが、少し書きあぐねてます。しばしお待ちをm(-_-)m。
[PR]

by photoboze | 2005-06-23 03:08 | [ PHOTO ] | Comments(3) | Page Top↑
2005年 06月 21日
お勧めか!?「プロカメラマンになろう!」(著:中村堅太郎)
記事にしておいて「お勧めか!?」という言葉を入れるのは失礼(もちろん、著者にも)な気もしますが、
まぁ、参考になる人もいるだろうな、という気持ちで紹介します。
私も、それほど期待せずに古本屋さんで手に入れました。どうもタイトル自体が好きじゃなくて(^_^;)。
c0005587_12282016.jpg
この本は、編集プロダクション、製作プロダクション、出版社などの業界の仕組みや、写真展や写真集出版の効用、
専門学校の有用性、スタジオマン、アシスタントの実情など腕の磨き方を丁寧に書いており、内容は幅広いです。
ただ、この本は決してプロカメラマンになることを否定的に書いてある訳ではないのですが、
「それでもあなたはプロのカメラマンになりたいですか?」という意味合いの内容が多いですね(^_^;)。
でも、ハイアマチュアとプロの違いだとか、技術、感性だけあっても営業力が無ければ始まらないだとか、
結局のところ、何を提示できるか、それをどう提示するか(つまり、企画力)が大事なんだとか、
なかなか悪くない言葉もあります。
別にカメラマンになりたいなら読まなくちゃいけないとも、そうでない人は読む必要がないとも思いませんが、
写真をやる中でこういうコトも知っておいたら良いかなぁと思って紹介しました(1999/5と少し内容が古いです)。
写真に限らず、"知る"ということは大事ですから。

P.S.いわゆる「写真作家」というより「商業カメラマン」というニュアンスですので、ご注意ください。
あと、この記事ではほぼ「○○マン」となってますが、この本に準じて書いており女性蔑視じゃないですよm(-_-)m
[PR]

by photoboze | 2005-06-21 12:29 | [ 写真本・雑誌 ] | Comments(2) | Page Top↑
2005年 06月 20日
将来観測-selfportrait- (写真062)
c0005587_12192692.jpg
[ 将来観測-selfportrait- ]

なんとなく、先の見通しが立たないで頭がグルグルするときは寮の屋上に上って、寝転んだりします(^_^;)。
ほとんど誰も上がってこない屋上。私の自由な空間、心を落ち着ける場所。
冬はあまりの寒さに起きたり、夏にあまりの暑さに起きたりしてますが、私の昼寝の場所だったりもします笑。
夜になれば星も見えるし、音に溢れた日常から静寂を求めて上がったりします。
ここは、気持ちを整理する場所、イライラを取るための場所、将来について考える場所です。

昔通った大学の海が見える階段、とある河川敷、とある公園、そういった場所が私にはとても大事。

P.S.言われる前に言ってしまえ笑!
人様にお見せする程のものでないのに、画像を出す私は多分ナルシストなんだろな、笑って許して~m(-_-)m。
[PR]

by photoboze | 2005-06-20 12:20 | [ PHOTO ] | Comments(10) | Page Top↑
2005年 06月 19日
【大阪】長島有里枝さんの写真展「Her Projects」
長島有里枝さんの写真展「Her Projects」が開催されています。
期間が長いので、よろしければ是非!

-----―------------------
会 場 : KPOキリンプラザ大阪4~5F
期間 : 2005年5月14日(土)~7月18日(月・祝)
時間 : 11:00~21:00(会期中無休)
入場料 : 一般500円/学生300円(中学生以下無料)
場所 : 大阪市中央区宗右衛門町7番2号
  「心斎橋」駅6号出入口より徒歩5分
  「なんば」駅14号出入口より徒歩3分
詳細 : http://www.kirin.co.jp/active/art/kpo/
-----―------------------

<6/19 追記>
c0005587_11195276.jpgc0005587_1120459.jpg
長島友里枝さんの写真展見てきました。
4つのテーマで構成されていましたが、memoriesと題した作品は、今までに無い感じで特によかったです。
幼い頃の記憶、それも少し"痛い"感情が湧き上がってくるような、そんな感じでしたね。

[PR]

by photoboze | 2005-06-19 12:05 | [ 写 真 展 ] | Comments(2) | Page Top↑


  Top↑