写真にまつわるモノコト-blog  ~写真の道を広げたい~  Today :
  Top↑  
<   2005年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

| Page Top↑
2005年 03月 31日
固定観念を覆すインナー、それはフロシキ!!
以前の記事のコメント欄に書いたカメラの保護用の"フロシキ"ですが、ドンケのガードラップと、九印のfurosiki
を東京で見てきましたが、取り出しを考えるとドンケの方が使い易そうでしたので、そちらをセレクトしました。
これがあればどのバッグに入れても、どんなカメラ(レンズ・ストロボでも!)でも問題ないですし、
カメラケースみたいに取り出すのに手間は要らないので個人的にかなりお勧めです。
もちろん、カメラに関係なくi-podでもCDでも何でも使えるので、バックに常備しておけますしね(^_^)y。
c0005587_041263.jpgc0005587_0411651.jpgc0005587_0412621.jpg
実際に包んでみると、ドンケのMサイズがMFカメラに単焦点レンズで丁度良いサイズのようです。
残念ながら外れた九印ですが、コレを作っているデザイナーさんは、色々なモノを作っていて面白いですよ。
HPブログはこちら!

P.S.このドンケのフロシキの欠点は、値段が可愛くないところです・・・(^_^;)
[PR]

by photoboze | 2005-03-31 00:43 | [ camera ] | Page Top↑
2005年 03月 30日
ようやく、カメラバッグ決めました!
これは、ポーターのfieldシリーズのトートバッグLサイズです(女性や小柄のヒトにはデカイかも)。
たくさん調べて色々と触ってみたところ、私の場合はこれくらいフリースタイルなバッグがいいなぁと思いました。
ショルダーバッグはたすき掛けにしても意外とブラブラしますし、横長幅広の箱型のものは見た目が野暮ったい。
一方リュックは収納力はあるけれど取り出しに手間取るし、ファッションが限定される(ToT)。
加えて、両手をいつも自由にしておくためには手に持つ訳にはいかないので肩に掛けられるコイツにしました。
もちろん、ドンケやビリンガム、ロープロ、F.64やテンバ、クランプラー、FOGG、TUMI、A&Aなどその他
良いカメラバックもありますが、私は雑誌やファイルBOOKも入れることが多いので所謂カメラバックはダメでしたね。c0005587_1232712.jpgc0005587_1233737.jpg
左では、右に写ってるコンパクト2台と中判・35mm一眼レフの計4台入ってますが、まだ余裕あり!
交換レンズやフィルム、また日常使うケータイ、財布、手帳、アイデアノートも十分入ります。


P.S.バッグを手に入れておきながらやはり"カメラは手に持つ"、これが基本なのだと最近実感してます。
コンパクトは電源を入れておかないとダメだし、一眼レフでもレンズキャップは着けて歩いてはダメだなと(^_^;)。
やはりカメラは移動の時以外はカバンに入れるモノじゃなく、手に持つモノだと思います。
でも、写真をやっていて"移動の時"ってホントはあまり無いんですよね(-_-;)。
[PR]

by photoboze | 2005-03-30 12:06 | [ camera ] | Page Top↑
2005年 03月 29日
【東京・神奈川】見逃した~(ToT)、ハービー山口さん写真展
なんと、私が東京に居るときにハービー山口さんの写真展があったようです(ToT)。
お近くの方は、是非私の分まで・・・

--------------------------------
個展「ハービー・山口写真展/静かなシャッター」
 開催日:2005年3月21日(月)~4月10日(日)12時~19時
 休館日:3月28日(月)/4月4日(月)
 会 場: Roonee 247 photography
 入場料: 無料
--------------------------------
写真展「ハービー・山口写真展」
 開催日:2005年3月19日(土)~4月10日(日)
 会 場: 川崎ルフロン 10F特設会場
 入場料: 無料
--------------------------------

P.S.あまりの悔しさに泣きそうになりましたが、載せることで何方かの役に立てば(>_<)。
[PR]

by photoboze | 2005-03-29 23:14 | [ 写 真 展 ] | Page Top↑
2005年 03月 29日
写真展「森山 新宿 荒木 展」 in 東京旅行
c0005587_0201545.jpg旅行の目的の1/3を占める「森山 新宿 荒木 展」です。
最終日でもあり祝日だったので、人が多くとても見難かった(ToT)。仕方ないので4~5往復しましたね(^_^;)。
それにしても、日本写真界の二大巨頭だけに、本当に圧倒されました。
これを生で見れるたのは、本当に貴重だと思います。東京以外で行なわれないのが悔しいですね。
で、沢山感じたことがあったのですが、特に興味深かったのがアラーキーさんの視点(構図)が年代毎に少しずつ変化していたことでしたね。

それと写真とは別階では大道さんとアラーキーさんが新宿で撮影しているロードムービーが流されていましたが、それが凄かったです!!
アラーキーさんと大道さんの撮るスタイルの違いもそうですが、二人とも素早い上にとても集中している。
大道さんは特にコンパクトカメラ(GR1vですね)をメインにしているのでガンガンいってましたし、アラーキーさんも中判ながらマキナを使用していたのでポンポン撮ってました。
P.S.アラーキーさんの被写体の追い込み方も凄いですし、「よし!」とか「今のはいいカットだ!」なんて感触を味わいながらの撮影スタイルは圧巻でしたね。あと、大道さんがGR1vにきちんとフードを着けていたのは「やはりきちんとしてるなぁ~」と思いました。
実は、フィルターや露出の補正にうるさい人が意外にフードを着けてなかったりするんですよね(^_^;)。
私もGR1sのフードは、つい忘れがちです・・・m(-_-)m

[PR]

by photoboze | 2005-03-29 00:24 | [ 写 真 展 ] | Page Top↑
2005年 03月 28日
第30回木村伊兵衛写真賞は・・・
第30回木村伊兵衛写真賞(朝日新聞社主催)は2日、中野正貴さんの写真集「東京窓景」に決まりましたね。
数年前に誰も居ない東京をおさめた「TOKYO NOBODY」という写真集を出されてかなり話題になりましたよね。
初めて見たのは、確か「SHADOWS」だったかな?そして、今度の賞をとった「東京窓景」。
c0005587_1264641.jpg

私も何度か見ていますが、「いいよ!いいよ!」と言っていた(聞いた人いるよね?)ので、嬉しかったです。
「TOKYO NOBODY」にしても、今回の「東京窓景」にしても、優れた写真というのが
単にテクニックがあるというだけでなく、視点や発想などがいかに大切か教えてくれますね。
ページをめくる毎に期待を裏切らないので、まだご覧になられていない方は是非!
「TOKYO NOBODY」「東京窓景」ともに最初はただ面白く、見終わってから深く考えさせられる写真集だと思います。
[PR]

by photoboze | 2005-03-28 12:08 | [ 写 真 集 ] | Page Top↑
2005年 03月 27日
アート本関係専門店etc in 東京旅行
c0005587_22535421.jpgなんとなく、東京で取ってきたショップカードの一部を並べてみました。タイトルに関係があるのは、右上のHacknetのカードです。
ハックネットは、東京、大阪、京都にしかショップがありませんが、是非お近くの人は行ってみたら良いと思います。
なかなか本屋にない写真集も豊富ですよ(^_^)y。

<ハックネットについて>
私たちは、単なる洋書専門店ではなく、ビジュアル洋書を媒体とした「知と情報の循環するターミナルステーション」でありたいと願っています。建築、インテリア、グラフィック、写真などのビジュアル書に特化し、世界で発信される最新の出版情報をキャッチ。出版社だけでなく、ギャラリーやミュージアム、デザインスタジオなどで発行される限定書籍も独自のネットワークにより海外より直輸入するという、日本でも稀有なビジネスモデルを実現しました。(引用文より)

[PR]

by photoboze | 2005-03-27 22:55 | [ 写 真 集 ] | Page Top↑
2005年 03月 27日
二輪の傘(写真039)
c0005587_093129.jpg
[ 二輪の傘-ゲリラ写真展使用済- ]

こんな光景が見られるなら、雨降りもいいかなぁと思いました(^_^)。

P.S.久々の写真ですね、週に一枚は載せて行きたいと思っています。
[PR]

by photoboze | 2005-03-27 00:12 | [ WORKS ] | Page Top↑
2005年 03月 26日
GEISAI&Photo Imaging Expo in 東京旅行
c0005587_1237337.jpg今回の目的の一つでもあるGEISAI#7に行ってきました。

「つくったら、出す」、そして会場で「とにかく話す」。アートの世界に、もっとコミュニケーションを。そんなコンセプトのもと、GEISAIは続いています。そもそもGEISAIとは、
「プロデビューを想定したアーティスト発掘の場」。同時に、「アートの展示販売を気軽に行えるマーケット」であり、「開かれた美術界をつくっていくための新しいスタートライン」でもあります。すべてのアーティストと、アートにかかわる人々、そして一般のアートファンの出会いの場として機能する、複合的な「芸術の祭典」(引用文)です。

私も初めて見に行ったので詳しいことは言えませんが、感じたことは、他人に見せる(魅せる)コト、そして表現するコトの難しさとそのセンスですね。

同時開催のPhoto Imaging Expoも行ってきましたが、それほど興味が湧かなかったです(ToT)。ほとんどデジタルカメラの展示でしたし、会場の雰囲気が自分に合わないなぁと思いました。細かいことは書きませんが、多分皆さんのご想像どおりです(^_^;)。zeiss ikonの試作機を触れたのは良かったかな?
P.S.ちなみに、左のGEISAIの冊子は入場チケットも兼ねており、コレを持っていると入場できる仕組みになっており、そのアイデアもとても面白いなぁと思いました(^_^)y。
[PR]

by photoboze | 2005-03-26 12:39 | [ アイデアノート ] | Page Top↑
2005年 03月 26日
東京で買ったもの for myself
c0005587_0523056.jpg
c0005587_0523723.jpg
別にコレといって何かを買おうと思っていた訳ではないので、大したものは買ってないです。
一枚目の写真は、ご存知有名なモールスキンの方眼手帳(わざわざ東京で買いました・・・)、
それとエール・フランスのコンコルド(ティルマンスの写真集にもあり、その美しい姿に一目惚れ・・・)、
ニ枚目はPorter×BEAMSのコラボの"Gripper"の財布(代官山のショップB印YOSHIDA限定・・・)、
そして東京限定タバコのおまけの携帯灰皿・・・自分のために買ったのは、これだけです。

P.S.思いっきり"今更"ですが、どうも最近ポーターが好きになりました(^_^;)。
なので表参道のポーター、ヘッド・ポーター、代官山のショップB印 YOSHIDAと回ってきました。
う~む、我ながら写真と関係ないですねm(-_-)m。

[PR]

by photoboze | 2005-03-26 00:54 | [ Life size ] | Page Top↑
2005年 03月 25日
【完結編】who are you?の正体
c0005587_12154532.jpg
3/18日の記事で「who are you?」と皆さんに聞いていたイモムシ君?の正体が分かりました(^_^)y。
なんと東京旅行中にとあるショップで発見!!その名もジュバ、スイスのネフ(naef)社のものでした。
それにしても出発前に書いた通り、本当にさっと出会えるのが"東京の凄さ"ですよね。
ちなみにジュバはデザイナーのフランチェスコ・ツッチィ氏の作品らしい。
その他ネフ社はアート性の高い木の玩具を多数作っている世界的に有名なメーカーのようです。
いろいろと面白いものがあるようですので、興味がある方は一度調べてみたら良いと思います。

P.S.スイス・ネフ社の日本正規代理店はアトリエ ニキティキのようです。
ところで、正直なところ値段の高さに少しビックリ(^_^;)
でも触ってみないと分からないですが、とても丁寧な作りだし、カタチがキレイでユーモアもあり、
子供から大人まで古くから(1983年~)長く愛されて続けているというのが納得できましたね。

いつか、オレに子供が産まれたら出産祝いに誰かちょうだい(^_^;)!!もちろん、黄色いヤツやで~!
[PR]

by photoboze | 2005-03-25 12:18 | [ アイデアノート ] | Page Top↑


  Top↑