写真にまつわるモノコト-blog  ~写真の道を広げたい~  Today :
<< シネマティック(写真081)   Top↑   ポートレイト6(写真080) >>
2005年 08月 10日
マニュアルカメラの使い方vol.12(最終回)
-------------------最終回「 FM2 」-------------------
いままで色々とMF一眼レフについて書いてきましたが(まだまだ書くことは沢山ありますが)、
何となく私がMFカメラを好んで使う理由をわかってもらえたかな?と思います。
結局一言でいえば、「一番簡単に撮れる!」ということです、もちろん失敗もありますよ(^_^;)
ただ、ピント合わせが間に合わなかったり、露出を勘違いしたりする中で、
いつの間にかカメラを使いこなせるようになる、これが出来るのがMFカメラの良さだと思います。
レンズによっては直前のフォーカス設定は不要だと気付いたり、事前に空を見て露出が分かるようになると、
AF機というのは便利なようで実は融通が利かない面倒くさいカメラだな!って思うはず。
どこまで多機能化しても、結局は露出というのは最後には経験と勘に頼らざるを得ないし、
カメラばかり見ているようじゃ、いい写真は撮れないです。

で、最終回に何を書こうかなと思いましたが、
一つMF機を紹介してそこから皆さんなりに自分にあったMF機を見つけていただけたらなと。
で、何を紹介するかと言えば、キングオブMF機のnikon new FM2です(細かいスペックは自身でお調べください)。
何が、キングオブなのかといえば、数年前まで永きに渡り生産(約17年)され沢山の方が使ってきたから。
そのため、中古市場に安価でゴロゴロしてる。もちろん、壊れにくく修理もまだまだOK!
私はこれらをとても重視してます。
もちろん、カタチも仕組みも至ってシンプル、写真学校などでの新入生推奨カメラでもありました。
ただ、機能的に見たらホント普通のフルマニュアルのメカニカル機です(^_^;)。
FM2は、ファインダーにしても、シャッターやその他機能・感触にしても、そりゃフツーです。
親切な機能が無い代わりに、お節介も一切しないカメラ。説明書なんて一切不要です。
中央部重点測光方式に+○-の3点5段階表示の露出計、加えてAEのないマニュアル露出のみで、
撮影者のカメラや写真の理解度、もちろん経験などがダイレクトに結果に出ます。
はっきりいってFM2で、写真は十分撮れます。ほとんどのシーンで大して困りません。

もし、AEが欲しければ、その他の絞り優先、シャッター優先機を選ぶと良いでしょう。
もし、300mmレンズを使いたければ、もっとボディがデカくて重い物がよいでしょうね。
もし、厳密にマクロで花を撮るなどをするならば、ミラーアップ機能付きのものを探した方が良いでしょう。
もし、スポット測光が欲しければ、スポットメーターを買うか、スポット測光のカメラがいいです。
もし、もっと質感や精度が高い物が欲しければ、各メーカーのフラッグシップ機が良いです。
もし、連射機能や1/4000秒以上が欲しければ、高級AF機にいくべきでしょう。
もし、野鳥やF-1のように速い物を撮るならば、そりゃ多機能AF機+超望遠レンズでしょう。
もし、他のメーカーのレンズが使いたければ、それが使えるカメラを選ぶと良いでしょう。

まぁFM2で物足りなさを感じるのは、これくらいじゃないでしょうか?
でも、3万円以下(フィルム+現像の30本分くらい)で標準レンズ付きのものが買えるってスゴイと思います。
私なら、誰でも一台くらい持っていても良いんじゃないかって思うくらい。
十年後、どのMF機が一番きちんとした状態で残っているか、そして使用することが出来るか、
価値が落ちてないか、これを考えたときにFM2はかなりいい線いくんじゃないかな、と個人的に思っています。

P.S.12回の連載で最終回としましたが、また質問&疑問をもらったり、伝えたいことがあれば
別途MF機について書いてみようと思います。あまり親切な記事ではなかったかもしれませんが、
少しでも何方かの役に立ったのなら嬉しいですm(-_-)m。


---------------お役に立てたならこちらのクリックをお願いします--------------
P.S.この連載は、皆さんの役に立っているか知りたいので、記事毎にランキングボタンを設置しますね。
 お役に立てば、ワンクリックをお願いしますm(-_-)m

[PR]

by photoboze | 2005-08-10 00:02 | [ camera ] | Page Top↑


<< シネマティック(写真081)   Top↑   ポートレイト6(写真080) >>