「ほっ」と。キャンペーン
写真にまつわるモノコト-blog  ~写真の道を広げたい~  Today :
<< okinawa08   Top↑   okinawa07 >>
2014年 10月 13日
Fujifilm X100Tについて
c0005587_21531268.jpg
ついにX100Sの後継機X100Tが発表されましたね。

大阪の富士フィルムフォトサロンでもデモ機が触れるようになり、
覗いたり触ってみないと分かりづらい部分も確認することができるようになりました。

残念なことに、やはりというか、今回の後継機は一般ユーザーにはさほど話題にはなっていませんね。
まぁ、値段が高いのに、いわゆる便利機能のないこのカメラは、そういう人向けではないのですが。

ただ、もしX100シリーズに興味をもったのなら、ぜひ手に入れて使ってみてください。
写真の本質は見ること、見つめること。
たったそれだけのことなのにどれだけの人が出来ているだろうか、どれだけのカメラがそれに応えてくれるだろうか。
上手い人が上手く、下手な人が下手に撮れる、そういうカメラはとても少ないです。


○シャッターダイヤル
1/2秒と1秒が追加された。
これまで1/4から一気にB・Tとなっていたが、これは嬉しい。
デジタルになってこの領域はこれまで以上に活用幅が広がっているし、Bまでキチンと倍数変化していく方が違和感がない。

○露出補正ダイヤル
±2.0から±3.0まで拡大された
これは、以前よりこのブログでも希望していた点。補正ではなく、表現の幅として±3.0までほしかった。
ほんとは前書いたように、-3.0~+2.0だったらクレバーだと思ったけど、マス的には無理ですよね。。

○リアルタイムパララックス補正
これまで半押しするとグッと補正されていたパララックス。
ピントを追い込む中でフレームの範囲が正確に表示される方が当然ありがたい。。。

○フレーム視野率:92%
これはあまり認識されていないのかな?
2%という何となくの数字が大したことないと思わせてるのか、とても良くなった点なのに、ね。
これは、焦点距離の21mmと24mmの3mmと同じで、そういう捉え方するものじゃない。

○フォーカスモード切替レバー
基本的に、瞬時の操作を要求されるレバーだから、ありがたい。確実に操作しやすくなってました。
カメラは空気になるのが一番、ダイヤル・スイッチ、どれも微かな違和感もなくしたい。

○ファインダー切替レバー
X100のデザインに逆戻り、最初は意味がわからなかったけど、触ってみたらそういうことなのねと納得。
ただし、デザイン的には、全体としてそぎ落とされフラット&ミニマムなのに、ここだけクラシックという不思議。
あと、ここの剛性感というか、モノとして作り込み感はもう少し欲しいところ。

○絞りリングを1/3クリックへ
多くの反対意見があることを承知で書くならば、私としては残念。
確かに、じっくり撮るときには、1/3はいいかもしれない。
でも、ストリートスナップで直感的な撮影をするときに、どうか?1/3では直感的な操作ができない。
カチカチカチという3つのクリック感でF5.6に、反対側からカチカチカチでF8に持っていけるこの感覚を
ぜひ残して欲しかった。撮影時には、いちいちレンズ部なんて見ずに被写体を追ってるんだから。
露出補正ダイヤルが1/3段あるのだから(今回からMで効くんです)、明るさの調整が目的ではないはず。
ここだけは誤ったユーザーニーズを拾ってしまったなと思います。

○フォーカスリングのローレットの変更
SS/露出補正ダイヤルと同じく、より指掛かりのよいパターンに変わった。
確かに、左手人差し指一本でフォーカシングするときに、前にスルッと抜けるときがあった。
これは、いい改善だと思う。

○コントロールホイールからセレクターボタン方式へ
これは、背面コマンドレバーをコマンドダイヤルに変更したこととセットで考えるべきことだけど、これでいいと思う。
ただし、背面コマンドダイヤルは再生画像の送りやフォーカスポイントの移動に使えるのだろうか、これは確認できていない。

○Fnボタンの増設、ボタン割り当ての対応
軍艦部のFnボタン、これまで黒いプラスチックだったが、すこし大きくなり、シルバーとなり質感アップ。
セレクトボタン、Qボタンもカスタマイズができるようで、X100Sに残る不快感がまたひとつ消えた。
お願いしてたマクロモードへの一発移行もできるようになりましたね。

○シャッターボタン
目立つようにという意図もあったのだろうけど、X100Sは安メッキ風な塗装だったが、マット調の落ち着いたものになった。
ただし、シャッターボタン周りの電源ダイヤルツマミの形状も一緒に改良して欲しかった。

○ボタンレイアウト
再生ボタンが左列の上から2番目なのだけど、
一般的な感覚から言えば一番上にあるべきなんじゃないか?と思います。
view modeボタンはDriveボタンの位置のほうがいいんじゃないかな?

○電子式レンジファインダー
レンジファインダーとは光学距離計連動式のことですが、X100Sにおいて位相差画素を利用した
スプリットイメージを表示することでEVF時に距離計連動を再現することができました。
さらにX100Tでは、それをついにOVFの右下隅に小さな拡大EVFを表示させることで、
光学ファインダーの状態でピントの検出表示をさせることができるようになりました。
これにより2つの新たなメリットが生まれた。
ひとつが、OVF+AF時にピントの中抜けを回避することができるようになった点
もうひとつが、OVF+MFにおいてコマンドレバー押し込みによるEVF拡大表示チェックをせにず、
リアルタイムで被写体とピントの両方を追えることができるようになった点
これにより、厳密なフレーミングを最優先にしない限りは、OVFだけで写真が撮れるようになったと言っていい。
これはとてもスゴイですね。写真を撮る上で被写体に集中できることがなによりも大切ですから。


○グローバルシャッターによる1/32000
1/4000から3段の高速シャッター、NDフィルターを使っても開放で振り切れるシチュエーションは確かにあって、
でも、私は開放時に1/1000が赤色になり、あ、どんな写真になるかなという瞬間も好き。
絶対に予想を超えたところに、感動や次の進むべき道があるから。

○グリップ
以前より少しだけ盛り上がりの増えたグリップ。
私としては、グリップはない方向への進化を期待してた。
グリップってフツーに構えたときにはいいけど、くるくるくると手の中で自在に扱うときは邪魔なんですよね。
いつからグリップというのが常に必要だという風潮になったんだろう?
足し算は後からできる、でも引き算はあとからできない、そういうものなのにね。

○デザイン
ファインダー周りの装飾、グリップ部のライン、そういったモノをすべてシンプルでストレートに変更している。
イメージで言えば、M3→M2だろうか?私は刻印も含めた初代X100のオールドスタイルも好きですけどね。

○全体として
カメラとしての他にはない魅力は確実にX100の頃からあって、
それがX100S→X100Tと進化する中で、使いにくさを克服してようやくここまで来た。
私もX100Sを購入した時に、もう一度だけ後続機を作って欲しいと強く望んだ、もうあと一歩だと。
そして、すべてではないけれど、ほぼ弱点を克服してここまで来た。

三作目にしてあまりの代わり映えのなさに、どうしても浮気性で新しいもの好きのユーザーからは
関心が弱い部分もあるけれど、思い通りに、時に想いを超えた写真を撮るために今ベストな選択肢だと思う。

(参考)
Fujifilm X100S Review 15 改善要望
[PR]

by photoboze | 2014-10-13 23:16 | [ camera ] | Comments(0) | Page Top↑


<< okinawa08   Top↑   okinawa07 >>